アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

慈愛を持って受け止めることと「問題を肯定すること」は違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

よく誤解されがちなことなので、少しクリアにしておきたいと思います。

ありのままの自分を受け止め自分を愛することと、問題行動を「肯定する」こととは違うということ。

わかり易いように例を出すと、ここに酒を飲むと暴力をして辞められない人がいるとします。

この人がそういう「症状」を呈するに至った背景には、様々な苦悩の歴史があるわけなので、そのこと自体を安易に断罪したり一方的に批判するものではありません。

そこへ至るまでの過程があったことを思い、慈愛を持って見守ります。

問題なのは「行動」なのであって、「人」ではないということ。

そこに人間に対する愛があります。

しかし、だからと言ってこのまま酒を飲んで暴力を振い続けても良いということは決してありません。

「理由があるんだから、暴力振っちゃってもいいんだよ」

という理屈は通らないのです。

そこはハッキリとさせておく必要のある部分です。

ダメなものはダメ。

ダメなのは行動だから、その行動を取らなくても良くなるように、心を癒して回復を促すことが第三者が出来ることです。

決して「問題行動を肯定する」ことではなく。

自分に対しても基本同じです。

自分という人間を否定するのではなく、様々な経緯があってこのような「症状」を呈するに至った自分に慈愛を持ち、「症状」が出なくても済むように自分の心の癒しに取り組むこと。


私たち人間は進化・拡大するために生きています。

進化・拡大は宇宙の本質であり、宇宙の一部である人間も、その本質を持っているのです。

進化・拡大とは、常に自分のベスト・バージョン、つまりハイヤーセルフを体現できるように進化していくこと。

アディクション、支配・コントロール、犠牲者・被害者意識、Manipukation(操作)、暴力・虐待、etc

そうした重苦しいカルマ的なエネルギーを手放して浄化して、ベスト・バージョンの自分になれるよう前進していくのが信条です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら