アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

あなたのインナーチャイルドが傷ついている25のサイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ルナ&ソルからリリースされた新しい記事、全文はとても長いので訳しませんが、以下にインナーチャイルドが傷ついているサインについて抜粋したものをシェアしておきます。

人間であれば誰しもインナーチャイルドが傷ついているものですが、成長の過程でしっかりと癒すことが出来ないと、何歳になってもそのことが人生に影響を及ぼし続けます。

ある時点で本腰を入れて取り組めた人は、そこから新たな人生をスタート出来ますが、癒されずに放置されたチャイルドはそのまま冷凍保存され、次の人生まで持ち越されます。

私たちのインナーチャイルドはもともと過去生の歴史の積み重ねですから、今の人生で少しでも癒しを進めることが出来れば、今回の人生も、その先の人生も楽になることは間違いありません。

原文はこちら

あなたのインナーチャイルドが傷ついている25のサイン

以下のサインに注意してください。

こうしたサインは、あなたのインナーチャイルドが深く傷ついていて、この世界が安全でないと感じていることを示しています。

「はい」の数が多いほど、真剣にインナーチャイルド・セラピーを受けることを検討する必要があります:

  1. 自分の奥深いところで、自分は何かがおかしいと感じている
  2. 何か新しいことを始めようと熟考したり検討したりするときに、とても不安になる
  3. 相手の言いなりになってしまって、「自分」と言うしっかりとしたアイデンティティを持てない
  4. 反抗的で、誰かと衝突するときに生き生きと感じる
  5. 物をため込む癖があり、手放すことが出来ない
  6. 自己主張をすることに罪悪感を感じる
  7. 男として、女として、自分は十分でないと感じる
  8. 何かを達成することに執着する傾向がある
  9. 自分は罪深い(業が深い)存在だと思うし、地獄へ行くだろうと思う
  10. 自分が十分でないことに対して、常に批判的な態度を持っている
  11. とても厳格で完璧主義者
  12. 何かを始めることにも、完了することにも困難を感じる
  13. 悲しみや怒りと言った感情を経験することに恥を感じる
  14. 怒ることは滅多にないが、もしも怒ったときには手が付けられない
  15. セックスしたくないときにもセックスに応じてしまう
  16. 自分の身体的特徴を恥ずかしいと感じる
  17. ポルノを見る時間が長い
  18. 誰も信じられないし、自分のことも信じていない
  19. (長期に渡る)依存症がある(あった)
  20. 人と争わないように細心の注意を払っている
  21. 人が嫌いで避けている
  22. 自分に対してよりも、自分以外の人に対して責任を感じる
  23. 自分の親(どちらかでも両方でも)に対して親密さを感じたことがない
  24. 最奥の恐れは「見捨てられる」ことで、人間関係にしがみ付くためならどんなことでもする
  25. ノーと言えない

上述の中で10個以上「はい」と答えた場合は、インナーチャイルドの癒しがあなたの人生の中で最重要項目とされるべきです。

5個以上「はい」と答えた場合は、自分の中のインナーチャイルドにしっかりと繋がることを真剣に考えてください。

インナーチャイルド・セラピーは心理療法家のサポートで受けられますし、私のところでも SAP、PCP、必要に応じて通話セッションで対応しています。

興味のある方はご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら