【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

自分の民族の言葉をちゃんと話せるようになる方が先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

偶然見かけた動画があって、恐らく30代中盤くらいの方たちが、「今の日本の社会構造の問題点」とか「働き方がおかしい」的なことを話していて、話の筋や論点はいい線を言っているのですが、例によって日本語がメチャクチャでした。

字幕では「最善を尽くす」と出ているところを「さいざいをつくす」と話していたし、「葛藤がある」は「かっさいがある」。

漢字読めない?というか、字面は読めるけど正しい発音の仕方を知らない?

せっかく言っていることは立派なのに、使ってる日本語がメチャクチャ、言葉の使い方がおかしいので、説得力ないっていうか、聞いている方は脱力します。

今の20代から30代にかけての日本人は一体どうなっちゃったの?

昔から世代ギャップはあるものですし、「今時の若い者は」なんて昔の人から私たちもよく言われたものですけど、それにしてもおかしすぎるよ

ときどき、いろんな分野で年寄りが引退せずに頑張っているのを「老害」といって批判が湧き上がり、それにはそれで一理あるので別に否定するつもりはないですが、私としては、そっちよりも、まともな日本語も話せなくなって、そのことに対する自覚も危機感も全く持ってない、自分の日本語が壊滅的におかしいことにも気づかない日本人にこの国を任せることの方が心配なんですよ。

言葉って民族の誇りです。

頼むから文部省は国語の習熟にもっと力を入れてもらえないだろうか。

若い世代の皆さん、もっと日本語を勉強しようよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら