アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

エネルギーのクリアリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アセンションのプロセスでは、自分の体内にたっぷりと入っている3D領域特有のエネルギーをすべて浄化し尽くす必要があります:

劣等感、恥、罪の意識、犠牲者・被害者意識、責め、ジャッジメント、共依存、ナルシシズム、依存のエネルギー、支配・コントロール、回避依存、無責任、無気力、無力感、etc

一歩前進するごとに、自分の中にある重いエネルギーが表面化してきますから、その都度そのエネルギーをクリアリングしながら進みます。

この作業は言うほど簡単なことではありません。

なぜなら、ブロックが浮上したときに、通常の意識状態ではそれがブロックであることには気づけないからです。


私はしばらく前から、ある会社のカスタマーサービスと話をする機会が増えて、その度に大きなストレスを感じていました。

カスタマーサービスの若い日本人との会話はトンチンカンで、コミュニケーションがうまく行かない、話が通じないから問題も解決しない、そんな内容です。

一見するとコミュニケーションの問題のように見えますが、ここで炙り出されているのは、私の中に残っていたもっと深くヘビーな感情でした。

表面的に出ている感情は、フラストレーション、苛立ち、失望感などです。

が、これはもっと別次元への入り口に過ぎません。

人間存在とはもっと深いもので、とくに転生の歴史が長いオールドソウルは、通常の喜怒哀楽よりももっと深く重い感情を沢山潜在意識にため込んできています。

私が自分の感情にしっかりと繋がって辿っていった先にあったのは、絶望的なまでの無力感でした。

無力感。

「もう俺の力ではどうすることもできない」

これがその感情と共にあった「思考」です。

俺って誰?とかそのときのビジョンなどの詳細は省きますが、この重苦しい感情が潜在意識の底に入っていました。

この重い感情は、普段の生活では意識できません。

カスタマーサービスと会話をするときに感じるフラストレーションやイライラ感は、私の中にあるこの「無力感」が刺激されたときに生じる感情だったのです。

イライラ、フラストレーション、怒りは二次的感情と呼ばれ、それ自体が蓋の役目を果たしています。

つまり、その奥にあるもっとヘビーな感情を感じなくても済むために、エゴが持ってきた蓋用の感情であるということ。

私の場合、掘り下げていったらそこに真っ黒な空洞のような無力感があった。

それを感じたくないために、イライラやフラストレーションを持ってきて蓋をしてしのいでいたのでした。

そのエゴの防衛を解いて、無力感を感じることを自分に許すと、感情は変化していきます。

これを感じることを恐れてずっと蓋をしてなかったことにしてみて見ぬフリをしていましたが、一度肚を括って「よし、感じてやる」と感じてしまえば、それは自分が恐れていたよりもまったく違う感覚であることが分かります。

自分の中にあった無力感が次第に変化して、それが Nothingness 無 へ返ったとき、ホッとした感覚がやってきました。

自分の中にある未昇華の感情は、たとえそれがどんなに古いものであれ、気づいてもらえることをずっと待っています。

自分自身に見捨てられてしまった自分の一部なのです。

それで、外側の世界に色々なものや人を引き寄せて、その一部を刺激するように促します。

なので、自分がイライラ感じ始めたときに、「あっ自分は今、イライラしているな」と気づいたのならば、そこで「イライラ」を否定したり変えようとしたり無かったことにしたりせずに、そのイライラに繋がって深く対話する時間を取る必要があります。

なぜなら、イライラは自分の中に残されている見捨てられた自分の一部に繋がる入り口だからです。

ここまでの深いワークは、通常であればなかなか一人では行えないものです。

なぜならエゴは自分の痛みを感じなくても済むためにありとあらゆる防衛措置をとるからです。

自分の感じ方(イライラやフラストレーション)を正当化したり、そこに触れられると反発・抵抗したりすることが防衛措置です。

そうした防衛を一切取り下げて、vulnerable(弱さをさらけ出す)になり、自分の痛みとしっかりと向き合うことが必要です。

私は慣れているので一人でもここまで辿りつけますが、やり方を知らなければ、なかなか一人ではここまではたどり着けないです。

こうしたワークを積み重ねることで、バラバラに分断されていた自分を一つ一つ統合し、本来の自分の姿へ戻っていくこと、そして自分の中にある重いエネルギーを解放して浄化していくことが出来ます。

これを続けることで、徐々に自分という存在がシフトしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら