【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

恐れを動機とした決断では幸せにはなれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マインドのレベルでのわたしたちの決断と選択のほとんどすべては、恐れが動機となっています。

恐れが動機となった決断は、あなたをマインドの幻想の世界の、さらに奥へと誘(いざな)います。

恐れに駆られて、道を誤ってはいけません。

愛が宿る静穏の沈黙の中に、内面の空間を見出しましょう。

あなたの存在の真髄は愛だと知るのです。静穏で沈黙の愛の声をあなたを導かせるのです。

レナード・ジェイコブソン

この真実がよくわかる例は、以前にも少しご紹介した香港人女性のケースです。

彼女は当時28歳、長年付き合っている男性からプロポーズされて結婚を迫られているけれども、「結婚するべきかどうか」わからないと言っていました。

「結婚するべきかどうか」わからないと言う時点で、「不安要素」と「迷い」があるわけです。

もしも何の憂いも無いのであれば、手放しで喜んで結婚したらいいだけの話ですから。

「不安」と「迷い」は彼女のハートから出て来ている直感です。

  • 彼は私が彼好みの服を着た時だけ歓ぶ
  • 彼は私のことを空気のように扱う
  • 私は彼から本当に愛されているのかわからない

と彼女は言いました。

これが直感です。

恐らく彼は彼女のことを「本当に心から愛している」わけではなく、彼女のハートは敏感にそのことを感じ取っています。

「この相手と結婚しても、幸せにはなれない」

これがハートの声。

ですが:

  • 私はもう28歳だから後がない
  • この人を逃したらもしからしたら一生独身かも
  • 友人たちは、「彼はとても努力してあなたとの関係を維持しているのだから、それを汲むべき」と言っている
  • 今まで付き合ってきたから、今さら別れるのは周り(家族)にも悪い気がする

と、マインドレベルでの恐れに囚われて、明晰な意識で決断をすることが出来ないのです。

マインドから一歩外へ出れば、どれもしょうもない恐れだとわかるんですけど、マインドのトラップにハマっている間はそれがわからないのです。

とくに香港では、女性はみな女性らしい服装をしたり振舞ったりしなければ、男から相手にされないとか、お金がないと恋愛対象にすらならないとか、そういう迷信が強いですから、ますますマインドのトラップにハマって、純粋な決断が下せなくなるのです。

  • 何歳でもパートナーと出会うことは出来る
  • 今の人と別れて前進すれば、成長した分だけより素晴らしいパートナーと出会える
  • 友人のアドバイスは彼らのもの、彼らがこの人と結婚するわけではない、他でもない自分の人生の決断は自分が下す
  • 私は私の好きな人と結婚する自由がある、それを尊重できない家族なら疎遠になるのも致し方なし

これがハートの真実なんです。

けれど、自立という課題がしっかり出来ていなかったり、自分があやふやなままだと、マインドの恐れに囚われて恐れがベースとなった決断を下してしまう。

そしてその決断の結果を生きるのは他でもない自分自身。

自分が下した決断の結果は紛れもなく自分に返ってきますから、甘んじて受けるより他はありません。

恐れベースの決断の結果はろくなものがありません。

あとでクリーンナップするくらいなら、最初から痛みを受け止めて強くなって決断した方が何倍もマシです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら