アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

リニアと螺旋の説明と次元を跨いだクイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

このブログを始めたばかりの頃に一度書いた記事ですが、もう一度同じ内容で書きたいので書いてみます。

宇宙のすべては「螺旋」「うずまき」という話です。

私たち人間が暮らしている3D意識の世界では、すべてが直線(リニア)です。

その中でも特に日本は「超リニアな社会」と呼ばれていて、すべてのことが直線的に繋がっていることを厳しく求められる社会です。

例えば、小・中・高と齟齬なく過ごしてそれから先も、一年の狂いもなく「辻褄の合った」経歴を証明しなければ、雇ってもらえない、とかですね。

ものすごく「リニア」。

だけど、本来宇宙はすべて「螺旋」です。

こういう感じ。

平面にしてみると、

渦巻状です。

これが「宇宙」なんですよね。

で、実際には人間が生きている世界も、リニアではなくて「螺旋」で「渦巻」なんです。

3D世界の特徴は:

  • 物質
  • 時間
  • 距離

です。

このすべてが直線的で、時間の認識に関しては:

こういう感じになっていますよね。

つまり、過去 → 今 → 未来 と、一直線上に「前へ」進んでいるイメージ。

だけど実際にはそうではなくて、「タイムライン(時間軸)は螺旋」なんですよ。

上の直線の時間軸のイメージと螺旋を重ね合わせると、こういう感じになりますよね ↓

ここで、私が時々する「中学の校庭のトラック」の話になるんですけど、人生とは「螺旋状に上昇していく障害物競走」なんですよ。

つまり、こういうこと ↓   

コンタクトポイントって書いてある、「螺旋」と「直線」が「交わる点」で、イベントが発生しています。

人生を振り返った時に、なんとなく「繰り返しているパターン」とかありますよね?

わかり易く言えば、ダメンズと付き合って大きく傷ついて別れたのに、また数年すると別のダメンズと付き合って、同じパターンで終わるとか。

それは、「人生が螺旋状に上昇している」ことを示しているのです。

「一見」同じような出来事に思えても、レイヤーが少しずつ違っていて、前の関係でクリアしきれなかった部分を今度の相手とクリアリングし、今度の相手と出来なかった分を、未来の相手とクリアリングし、という風に、螺旋で上昇しているんです。

それで、最後の最後のクリアリングまで完了したら、もう二度とダメンズとの恋愛は繰り返さなくても済む、自由になって今度こそ幸せな恋愛が出来る自分に変容するわけです。

この辺りのことは、「リニアな認識」しか持てないと決して理解することの出来ない概念かとは思いますが、素晴らしい絵を交えて解説してみました。

あと、ずっとやりたかったこと、とうとうやってみます。

マインドを開くエクササイズとでもいいましょうか、「発想の転換を図らないと解けないクイズ」です。

わりと有名だからご存知の方も多いかな?

マインドに制限がかかっていたり、ブロックがあったりすると解けない問題です。

問題:下の9つの点を、すべて、4本の直線の一筆書きでつなぎなさい。

下に正解を置きますから、しばらく時間をとってトライしてみてください。

正解はスクロールダウンして・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来ました?

日本人、これ苦手ですね。

枠の中でしか考えられないっていう教育してますしね。

こういう風にして、頭を柔らかくする訓練もする必要あります。

地道に取り組みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ 健全な境界線をしっかりと引けるようになるセッション ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら