アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

レイキやエナジーワークは〇〇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前の記事への補足です。

この喩えは本当にちょっと汚くて恐縮なんですけど、我ながらすごくうまい喩えだなと思っているので敢えて書きます。

前にも書いたことがあるのですが、レイキやエナジーワークって「浣腸」なんですよね。

浣腸をしたら、お腹が刺激されて痛くなって(好転反応)、トイレへ行ってお腹の中に溜め込んでいるもの全部出してスッキリするじゃないですか。

それとまったく同じ理屈なんです:

  1. 腹の中に溜め込んでいるもの → 感情、痛み、心の傷、思い込み、勘違い、信念、観念、価値観等
  2. 浣腸 → レイキ・レエナジーワーク
  3. お腹痛い → 好転反応
  4. トイレ行く → カウンセラーやセラピストのところへ行く
  5. 腹の中に溜め込んでいるものすべて出す → セラピーやカウンセリングを行う
  6. スッキリ → 癒し完了

ここまでやって「癒し一つコンプ」。

多くの方が陥る罠は、好転反応が出たときに、

「ウ〇コは臭いから見たくない」といって蓋をして痛みを我慢してやり過ごすことか、あるいは逆に、「ウ〇コしたいんだからしょうがないじゃん」と言って時・所構わずパンツを下げるようなことなんです。

そりゃ「生理現象」ですから多少の理解はありますけど、だからと言って、電車の中だろうが、職場だろうが、友達の家だろうが、所かまわずウ〇コまき散らしていたら、その結果はどうなるか、だいたい想像がつきますよね。

大人ですから、その辺りの分別はしっかりと持って、ちゃんと「トイレへ行って」出せるようになった方がいいわけです。

プロの力を借りなくとも自力でなんとかすると仰る方もいらっしゃいますが、私たちこういう仕事をしている者たちですら、自分のウ〇コ処理には同業者の門を叩くんです。

ヒーラーにはヒーラーが必要と言われるくらい、自分の癒しは一人ではどうにもできない部分はあるわけで。

特殊訓練を受けている者ですらもそうなのですから、一般人なら何をかいわんやです。

前から書いているように、このプロセスは短くても3~4年はかかります。

それでもまだ短い方ですよ。

大抵の方は10年以上もかけて取り組まれているプロセスなんです。

決して甘いものではありません。

でも、いつかは始めなくてはならない。

それは早ければ早いに越したことはないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ 健全な境界線をしっかりと引けるようになるセッション ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら