アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

前提を変えて思考回路を打破すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「癒し」(ヒーリング)をしっかりと理解するときにどうしても必要なことは、まず、「前提を見直す」ことです。

例えば、風邪を治す薬というのは今までのところまだ開発されていません。

あるのは、「風邪の諸症状を抑圧したり緩和したりする薬」だけ。

風邪は一度引き込んでしまえば、2週間くらい時間をかけて自然治癒を待つしかないんです。

その間は安静にして、休養する必要がある。

ですが、中には薬を飲んで症状が消えると、それで「治った」と勘違いされる人たちがいらっしゃいます。

前提が違いますよね。

「身体症状が消える」≠ 治った

この理屈をどこまで腑に落とせるかです。

頭痛い → 痛み止め飲んだ → 痛み消えた → 治った じゃない、ということ。

こういう短絡的で表面的で直線的な思考回路から脱却し、物事の本質へダイレクトにアプローチしていくことが出来る必要があります。

わかり易くするために、舌癌を例にとってみます。

癌という現象が3D世界(物質世界)へ具現化するまでに、「素粒子の次元」で物事はすでに発生しています。

舌という場所に発生していることから、幼少期より大人から「口答えするんじゃありません」とか「言葉遣いに気を付けなさい」とか、何かしらそうした感じの「支配・コントロール」を受けていた可能性が疑われ、養育過程の中で、本当の自分を表現することを抑え、相手の気に入るような言動をしたり、相手に迎合することで処世を図ってきた可能性が疑われます。

あくまでも可能性ですよ。

さらに言えば、過去生からすでにそうした感情を抑圧して蓄積してきており、今回の人生でもそのような両親と家庭環境を選んで生まれてきた。

今回の人生では抑圧された感情を解放することをテーマの一つとして持ってきています。

人生のデフォルト設定でそのような感情の抑圧が行われます。

自分の中に見捨てられた「本当の自分」はいなくなったわけではありませんから、しっかりと表現してもらうまでタイムラインに閉じ込められています。

自分が自分を見捨てれば見捨てるほど、無力感が募り、相手に迎合すればするほど、犠牲者・被害者意識が募っていきます。

それがピークに達したとき、3D世界に癌細胞が発生します。

私たち人間の通常意識で認識できるところは、4.の癌細胞が発生した時点からなのです。

その時点でホリスティックな視点からみれば、すでに「末期」。

つまり、癌細胞発生という現象は、その前に積み重なった様々な感情の抑圧の「結果」でしかないということです。

ところが、現代医学ではそうしたことは一切考慮せず、「発生してしまった癌細胞をどうするのか」にばかり意識を向けます。

切ったり、化学療法を行ったり、そうして身体の中から癌細胞が「なくなれば」、「治った」と勘違いする。

ですが、それは単に「目に見える表面的なレベルから癌細胞を駆逐した」だけに過ぎず、要因はいまだマルっと残されたまま。

それは「治癒」とは言いません。

「薬飲んだら風邪治った」と同じレベルです。

本当の治癒とは、分裂してしまっている内面人格をすべて統合し、しっかりと自己表現できるようになり、自己犠牲をやめ、自分らしい生き方をできる人に変容していくことで、もはや癌が発生する土壌をすべて解消することを指すのです。

決して身体を切り刻んだり、薬で汚染したりして、癌を駆逐することではないのです。


心の問題もそれとまったく同様です。

表面的に出ている問題は、ある意味「末期」なのです。

子供が不登校になったのには、そこに至るまで様々な要因が複雑に絡みあっていて、十中八九間違いなく両親や家庭の問題を子供が拾ってしまっているのです。

子供の不登校を洗い直していけば、夫婦問題が出てくる、嫁姑問題が出てくる、家庭問題が出てくる。

表面に出ている問題にばかり意識を向けて、それをどうにか解決しようと躍起になっていても、要因はまったく別のところにあるのだから、そこへタックルしていかなくては何も解決しない。

ただ、多くの人はそこまで意識が覚醒していないので、その関連性を理解できるだけの洞察力や自己認識がないだけなのです。

「癒し」や「ヒーリング」に携わろうとする人は、ここのところをしっかりと理解して腑に落とし、かつ自分の人生で癒しのプロセスを自分が経験している必要があります。

人間はとかく、目先の問題や痛みさえ消えれば、それで問題が「解決した」と思いがちです。

ですが本当はそうじゃないんですよね。

癒しとは何かをしっかりと理解するためには、まずは物事の捉え方の前提を、根底から変えていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ 健全な境界線をしっかりと引けるようになるセッション ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら