アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

私が自分の好転反応にどう対処してきたのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

レイキやエナジーワークの伝授を受けた際に起こる好転反応とその対処法について、私は、誰に教えてもらうことなく、自分の経験から学ぶしかなかったという経緯があります。

この記事の中で、「好転反応を理解して対処できるマスターがほとんどいない」と書いたのは、私の実体験でもあるのです。

初めて臼井式レイキのファーストを受けた直後、記憶と感情のフラッシュバックが起こりました。

20年以上前に仕事場の同僚に言われた些細な一言が思い出され、激しい怒りが噴出してきたのです。

20年間一度も思い出すことなどなかったのに、突然それが記憶に蘇ってきて、彼に対する激しい怒りを感じたんですよね。

それが数日間離れなくて、伝授してくれた日本人のマスターにそのことを話しました。

ですがマスターはキョトンとした顔をして、「なんだろうねぇ?」と言うだけで、適切な対処も指導もしてくれませんでした。

でも私の中には、「これはレイキの伝授を受けたことに関連しているに違いない」という確かな感覚があったのです。

結局そのマスターからは何も学べず、私は自力で情報を収集するしかありませんでしたが、ネット上にも役立つような情報は見つけられませんでした。

それから月日が流れ、今度はイギリス人のマスターから「潜在意識クリアリングエンパワーメント」を受けました。

受けた直後に、20年間の記憶の大量フラッシュバックが発生しました。

20年以上も前にアメリカの深夜バスの中で遭った痴漢のこととか、その頃に付き合っていたパートナーと喧嘩したときのこととか、そういう些細な記憶で今までは思い出すことすらなかったこと、そしてそこに付随している悪感情がすべて出てきたのです。

その時もびっくりしてマスターに質問しました。

マスターは、「とてもよくある好転反応」と言ったものの、「ハイヤーセルフにスローダウンしてくれるようにお願いして」というだけで、感情の処理の仕方は教えてくれませんでした。

それから長い間、私は自分の中にある悪感情に苦しむことになります。

それからほとんど毎日のように悪感情に苛まれ、不安、心配、恐れ、罪悪感、恥、怒り、恨み、憎しみ、のような感情を、毎日毎日味わうこととなります。

結局それから何年も、こうした感情をどう処理してよいのかわからず、様々なヒーリングを行脚して歩くことになるのです。

最終的に、しっかりとインナーチャイルドの感情を癒す方法を指導してサポートしてくれる方に出会い、それから集中的に感情を解放して癒していくこととなります。

記憶のフラッシュバックや悪感情が出る度にセラピーを受け、都度感情を解放して癒していきました。

それが出来るようになってから、自分の悪感情にいたずらに苦しむことはなくなりました。

そこからは早かったです。

私が自分でレイキやエネルギーを伝授した際にも、クライアントの方から感情的な好転反応について質問されることがありました。

私は自分の経験から、一番効果のある方法をメールで指導してきましたが、メールではどうしても伝わらない、感情を処理することの大切さを説くことに限界があると感じるようになりました。

そこで通話セッションで私自身がセラピーを行うことによって「感情の解放と癒し」を直に体験していただくことで、「体験として学んでもらう」方法へと切り替えたのでした。

「感情の解放と癒し」は、自分がそれを何度も体験して身体で落とし込まなければ、どうしても「体得」することの出来ない技術だからなのです。

そこまでしてようやくしっかりと「好転反応に対処する」ことが出来ると言えると思います。

私と一緒にワークやセラピーを行った方は、感情を処理した後の清々しさと気持ちよさを、身体の感覚としてご存知です。

それから自分なりに経験をまとめ、「レイキやエナジーワークは浣腸である」という理論を確立するに至りました。

レイキやエナジーワークを受けたら、その「後始末」が一番重要なんです。

それをやらずして、蓋をして逃げたり、ただいたずらに悪感情に飲み込まれて苛まれていても、前進しません。

私自身、それで何年も苦しんだのでよく知っています。

この辺りのことを実体験の理論として落とし込んでいて、適切な対処ができるマスターはまだまだ少ないと思っています。

レイキやエナジーワークって、フワフワした何か神秘的なものと思われるかもしれませんが、実はものすごく現実的で実態のあるものなんですよ。

現実生活の中で地に足をしっかりとつけて、どこまで着地できるのかがすごく重要なんです。

レイキやエナジーワークの伝授を受ける際には、そのマスターが好転反応にどのように対処しているのか、そこを見極められることをお勧めします。

もしも適切に指導出来ない場合、自分自身がいたずらに苦しむことになりかねません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら