アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

どうしてゆっくりとできないのか マトリックス・システムの仕組みとカラクリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

常に何かをして忙しくしているのは「トラウマ反応」

そして、恐れベースの自己破壊行為の一つ

こうしたものを刷り込まれているので

あなたは今まで「ゆっくりと休む」ことが出来なかった


私は今までの人生の中で、何度か「失業」していた時期がありました。

仕事を辞めたけれど、まだ次の仕事も見つかっていない、何もしていない時期です。

その間は貯金を切り崩して生活しているので、まぁ経済的な心配というものは常にあるのです。

ですが、それ以外に何か「ジッとしていられない居たたまれなさ」というものがありました。

仕事を辞めると、丸一日時間が空くわけです。

たまの休日とは違い、昨日も今日も明日も、時間が丸空きになっている。

この状態を「耐えられない」と感じる反応が自分の中にあるのですね。

これが「トラウマ反応」と「恐れベースの自己破壊行為」へ駆り立てる衝動なのです。

「何も生産的なことをしていない自分に耐えられない」と周囲には話していましたが、それこそが私の中に埋め込まれた「プログラミング」であることには気づけなかったのでした。

私たち人間は、この社会の中で「生産的なことをしていない自分には価値がない」と感じるプログラミングを埋め込まれています。

そのため、貯金もあって半年くらいブラブラしても構わない状況に置かれても、その時間を「楽しむ」ことが出来ず、「居たたまれなさ」や「罪悪感」を感じるように仕向けられ、その結果、いつでもいつまででも働き続けるという「行動」を操作されているのです。

現代社会の「操作」や「支配」や「コントロール」は、表立った命令で行われるわけではないのです。

私たち人間の中に埋め込まれた「罪悪感」や「居たたまれなさ」や「無価値感」というものを使って行われるのです。

働けと「命令」しなくても、自分の中に湧き上がる罪悪感や居たたまれなさに耐えきれず、自ら働き続けてくれるのですから、「支配する側」からしたらこんなに楽なことはないのです。

それが彼らの Manipulation(操作)であることに気づける人は、ほとんどいないのです。


私の以前の知り合いに、すし職人がいました。

彼は何度か心臓で倒れて手術もしているので、本来であれば休養をして休まなければならない人でした。

ですが、彼は休めないのです。

「家で寝てろって?そんなこと、出来るかよ。仕事に出た方がマシだ」

と言って、毎日朝4時から仕事場へ向かう生活をしていました。

「ゆっくりと休む」という事が出来ない人は多いですが、それは、自分の中に湧き上がる「罪悪感」や「居たたまれなさ」や「無価値感」の感覚に耐えられないからなのです。

そして、自分が内面で感じている感覚を意識化して言語化できる人はほとんどおらず(自分と繋がっていないので)、ただ「漠然と」何かを不安に感じ、「忙しい毎日」へと戻っていくのです。

多くの人が定年で仕事を引退した後に鬱状態へ陥ったり、何もしていない生活に耐えられずに新しい仕事やボランティアを見つけて来たり、とにかく「何かの役に立っていたい」と感じてその通りに行動してしまうのは、こうしたプログラミングがあるからです。

私たち人間をロボットのように使役して一生働かせたいと思ったら、「罪悪感」や「居たたまれなさ」や「無価値感」を植え込むのが一番だと、知っている人たちがこの世界にはいるんですね。

その人たちが利益を受けるために人間の中に「こういう種」を植え込んで「操作」が行われている社会のことを、マトリックス・システムと呼んでいます。

私たちライトワーカーの仕事の一つは、そうした「幻想」から人々の目を覚まさせ、本当に自分が生きたい生き方へシフトできるよう、ガイドすることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら