アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

「当たり前」になっていることを止めて感情を解放する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分の中にある罪悪感や居たたまれなさ、潜在意識のプログラミングを知りたかったら、「今やっていることを」や「ルーチンになっていること」を止めてみることが一番効果的です。

「●●せずにはいられない」こと・・・例えば、彼氏がどうしているか気になって、つい口実を見つけては連絡してしまう。

この場合には、アレコレと思考を巡らせて彼氏に連絡する口実を見つけようとしている自分がいることに、まずは「気づく」こと。

ここが第一関門。

もしそこに気づけたら、次の関門は、連絡したいのをぐっとこらえて、その時にいったいどんな感情や気持ちや思考が湧き上がってくるかを、「それらと一体化することなく」感じることです。

不安、焦り、孤独感、居ても立ってもいられない気持ち・・・誰かと話したい、誰かとの繋がりを感じたい、誰かと接触しないと発狂しそう・・・内面にある大きな穴を感じる、空洞感を感じる、無力感を感じる・・・

こうしたものが、「連絡せずにはいられない」と言う行動へと駆り立てている衝動の裏にあるエネルギーです。

こうしたものを表面へ浮上させ、一つひとつそれと向き合っていくためには、まずは「彼氏に連絡してしまう自分」に気づき、その行動を少し止めてみる勇気を持つこと。

そして、自分の感情を感じること。

仕事も同じですよね。

忙しく仕事をしているとなんとなく安心する人が、仕事量が減ったり、空き時間が増えてくると「漠然とした不安や焦り」を感じて、ソワソワしだすことがあります。

実は、この「漠然とした不安や焦り」のさらに奥に入っている感情エネルギーが根源で、それを感じなくても済むために、今まで忙しく仕事をしてきたわけです。

頭痛薬と同じ原理で、何らかの拍子に仕事量が減ったり、空き時間が増えれば、麻薬が切れて今までは紛らわせていた感情がむくむくと表面化してくるのです。

それこそが、解放し癒される必要のある感情エネルギーであることに、気づけるだけのアウェアネスが必要。

今、当たり前のことのようにやっていること、働くこと、お菓子を食べること、タバコを吸うこと、晩酌をすること、友達とおしゃべりすること、ついやってしまうこと。

それを止めた時に、その行為の後ろに隠れている抑圧されている感情が表面化してきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら