アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

アセンションを進むための条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

覚醒とかアウェイクニングとか、アセンションとか、色々言葉はありますが、今現在進行中の地球レベルでの人類の集団覚醒について、私なりに少し感じるところがあります。

それは、「今(まで)の生活を壊したくない」という人は、そのプロセスを通過することが出来ないということです。

それと言うのも、このプロセスは人間の在り方を根本から覆す大変容なのであって、今(まで)の3D意識に根差した生き方や在り方をすべて手放して、根本的に変える必要があるからなのです。

例えば、多くの人は「愛する人」という概念をイメージするときに、その相手と一緒になって家庭を築いたり、一緒に暮したりすることを連想するかもしれません。

そして、特定の相手とそうしたことが出来なければ「辛い」と感じる。

どうしても相手と一緒になりたいと感じる。

でもそれは「3D意識特有のテンプレート」であることに気づけるかどうかなんです。

3D意識では、相手のことが好きで、相手と一緒にいたいと強く望んだり、相手がいなければ自分は幸せではないと感じたり、相手のことをひどく心配してアレコレと世話を焼いたり、そういうことを「愛」であると思い違いをしています。

でもそれは愛じゃない。

恐れであることに気づけるかどうか。

そして、「恐れに根差した生き方や生活」のすべてを一度手放すことが出来るかどうか、これが一つのイニシエーション(通過儀礼)となっているのです。

そのために、3D世界のものを失うという経験をします。

そうした経験は恐ろしいからしたくないとか、要らないという人は、プロセスを進むことは出来ないのです。

私は過去数年の間に、「憧れ」や「好奇心」でアセンションやアウェイクニングというものに引き付けられてくる人たちを多く見てきました。

そういう人たちは、今の生活を失う覚悟はまるでありません。

あくまでも、「今の生活を守った範囲で」何かしらスピリチュアル的なものを垣間見たかったり、ちょっぴり味わいたかったりするだけなんです。

そうすることで、自分の中の何かしらの劣等感を穴埋めしているだけ。

でも、本物のアセンションやアウェイクニングとはそんな生易しいものではない。

その渦中にある方は、すでにご存知ですよね。

私は、真剣にこの道に向き合おうとする方たちを応援していますし、一緒にブレークスルーしていきたいと考えています。

そのための支援は惜しみなく行います。

簡単な道ではないけれど、それをするだけ価値のあることですし、また、自分が決めてきたことでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら