アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

これからの人間関係は純粋さが肝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

以前の私の友人の中に、誰かの悪口を言わずには居られない人がいました。

常に誰かしらに対しての不平・不満を言っている感じなんですよね。

そこで、私はあるとき、「そんなに嫌だったら、その人と付き合うのやめたら?」と言ってみました。

するとその人はこう言いました。

「その人にはあれもしてもらってるし、これもしてもらってるし、居なくてはならならい人なんだよね。好きじゃないけど、人間関係の中にはそういう人も必要なわけで」

私はこれを聞いてすごくびっくりしたんですよね。

私はとても真っ直ぐな人で、自分が「嫌だ」と思う人とは表面的にすら付き合えない人なので、「相手にまだ利用価値があるから嫌だけど我慢して付き合っている」という価値観が分からなかったのでした。

皮肉なことに、そのことがきっかけでこの人との人間関係は解消することになりました。

今から思えば、そういう価値観を持っている人もいるんだなぁと思いますが、私とは合わない。

自分のハートが嫌だと思っているのに、相手を利用するために嫌々付き合いを続けているのなら、不平・不満ばかりになるのは頷けます。

こういうことがあると、人によっては、「そういうことは、たとえ思っていたとしても、口に出して言っちゃいけないよね」と仰います。

「言っちゃいけない」って日本人がよく使う表現ですが、「言っても良いとかいけないの問題」ではなくて、それについて「私が」どう思うのかが問題なんです。

世の中にはそういう価値観の人も当然いるでしょうから、それを表現することは別に構わないでしょう。

でも、私自身がその価値観に共鳴出来ない、相容れないと感じるのであれば、「私が考えて、自分のその人との付き合い方を見直さなくてはならないだけ」の話なのです。

人間関係とはどこまでもフェアなものなのですよ。

私はそういう価値観を持ちませんから、合わない人との関係は解消していきます。

私にとっては、内心合わないな、嫌だなと思いながらも、利害関係を維持するためだけに誰かと付き合い続けるということが、どうしても無理な話なのです。

なので、相手が本当は私に対して否定的な感情を持っているのに、何かを得るためだけに近づいて来たり、関係を維持しようとしているときにもすぐに気づきます。

とても不快な感覚が私の中に湧き上がるのです。

なので、そうした関係はこちらから解消するか、そうでなくてもあちらから離れていくという流れになります。

しっかりとした自尊心を持っていれば、心とは裏腹に自分を利用しようとだけする相手とは、付き合えなくなるのが自然なことなのです。

これからは、双方に気持ち良いエネルギーの循環が生じるようなウィン―ウィンの関係しか持てなくなっていくと、最近はひしひしと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら