アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

潜在意識に入っている信念体系を見直して無効化し書き直す作業が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分が無意識のうちに持っている信念体系を見直すことは、何よりも大切なことです。

なぜなら、自分の現実を創っているのは、自分の潜在意識だからです。

潜在意識の中に、「私はいつも虐められる」という信念(コアビリーフ)を持っていれば、「どこへ行っても虐められる」という現実が具現化します。

「私は生きづらい」という信念を持っていれば、実際に生きづらい現実が具現化します。

そのくらい宇宙の法則はシンプルなのです。

「自分は生きづらい」って、私も持っていた信念なんですけど、こういうことって「刷り込み」以外の何でもないんですよね。

私はつい数年前に、実は人類の6割以上の人が「自分は生きづらい」と感じていることに気づきました。

すごく多くの人がそう感じているんです。

人生って、誰にとっても簡単なことではありませんからね。

だから、「生きづらい」と感じているのは何も私に限ったことではないということ。

それ以来、私はこの与太事を信じるのを止めました。

それは、幼少期に私の中に刷り込まれた「信念体系」以外の何物でもないからです。

  • 人生とは大変なもの
  • 金の生る木などない
  • 私は生きづらい
  • 私はいつも捨てられる
  • 私はいつも損をする

こういうことが潜在意識の奥底にあって、現実を創り出しているんです。

それに気づけるかどうかが鍵。

一度気づいてしまえば、それはもはや無意識ではなくなりますから、この信念が作動すると同時に意識的に無効化することが可能になります。

「意識的に無効化する」とは、信じるのを止めるということです。

例えば、節電や節約のために、本当は暑くてたまらないのにエアコンをセーブしていたり、本当はもっと快適に過ごしたいのにお金を使うことを嫌って我慢していたりすることがあります。

そういう行動パターンも、幼少期に家族や周りから「刷り込まれた」「欠乏に根差す信念体系」の産物なのです。

「私はこの地上で豊かに快適に暮らすだけの資金を常に得ることが出来る」という信念に書き換えてしまえば、今度はそれが具現化するようになります。

しかし、今まで何十年もかけて信じ込んできた「欠乏に根差した信念体系」をキャンセルして書き換えるには、それなりの時間と努力を要するのです。

今、本当は欲しいけれど我慢しているものがあれば、もう一度考え直してみましょう。

それがあれば生活が楽になる、便利になる、そういうものであれば、多少無理をしてでも手に入れることをお勧めします。

そして快適さや便利さを楽しむ。

そして、お金はまた入ってくると楽観的に構える。

この繰り返しで潜在意識は書き換わっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら