アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

パートナーに見る自分のシャドーアスペクトを統合する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私たち人間は、良くも悪くも自分の中にあるものしか外の世界に認識することが出来ません。

つまり、外の世界に見ているものは、すべて自分の内面にあるということです。

アウェイクニングでは、パートナーシップがとても大きな役割を果たしています。

というのも、パートナーとは自分の写し鏡以外の何物でもないからです。

パートナーを見れば自分の内面が分かると言っても過言ではありません。

私たち人間が他者に惹かれるのは、相手の中に自分と同じ要素を見るときか、またはまったく正反対の要素を見るときです。

共通の趣味や話題で盛り上がって意気投合するか、あるいは自分とは正反対の性質を持った人に惹かれるのです。

自分が内向的なら外向的な人に惹かれたり、自分が自己主張が弱いなら自己主張の強い相手に惹かれたりしますが、実は自分の中にもまったく同じ要素があるのです。

外向的な自分、自己主張が強い自分は、養育過程の中で自分から切り離されて抑圧されているために、通常の意識では認識できない「シャドー要素」となっているだけなのです。

ですから、表向きは「外向的で自己主張の強い他者」を見てそれに惹かれていますが、実は自分のシャドーを投影して見ているだけです。

この場合、自分の内面に抑圧されている「外向的で自己主張の強い自分」を掘り起こし、しっかりと癒し、統合することで課題はクリアされます。

統合するとは、自分も今よりも少しだけ外向的になり自己主張をしっかりと出来るようになるということです。

これがそもそも本来的なパートナーシップの目的であり、二人の人間が合わせ鏡になって統合を促し合うのが本来のパートナーシップの在り方です。

PCPではこの原理でパートナーシップを通した自分の内面の統合に取り組むサポートをしています。

3D的意識では、パートナーシップも長く続いた方が価値があるとか、「添い遂げる」ことが美徳であるかのような価値観があるかもしれません。

ですが本来のパートナーシップとはそういうものではないんですよね。

自分と相手の成長速度が同じなら長く一緒にいることも可能ですが、今の時代に目覚めを迎えている人は、共依存的な恋愛・夫婦関係に終止符を打って、一皮も二皮も剥けて一段上のレベルへとステップアップすることを促されています。

古い時代の価値観に囚われて今ある関係にしがみ付けばつくほど、自分が辛くなっていきます。

目の前にあるパートナーシップから学べるだけ学び、自分の課題をクリアしたら前へ進むこと。

そして、次のパートナーに出会うまでに、自分一人でいても満ち足りた人になるよう、自分の癒しを進めることです。

自分の波動が上がれば、自然と次に引き寄せる縁は今までの関係よりも数段レベルの高い関係となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら