アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

思考、気持ち、感情を分けて意識できるようになること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私たち人間が「自分」だと思っている構成要素には、大まかにいって以下の3つがあります。

  1. 思考
  2. 気持ち
  3. 感情

現代人、特に日本人は思考(頭)優位の民族で、気持ちや感情は生きる上ではコントロールして制御しなくてはならないものとして捉えられています。

ですが、本来的には気持ちに素直に従い、その都度感情を表現し、「気持ちを補佐するため」に思考を使うのが人間の在り方なのです。

思考、気持ち、感情は違います。

思考

〇〇だと思う、こう考える、△△するべき、◇◇せねばならない、これは良いこと、これは悪いこと、それは間違い、これが正しい、など

気持ち

〇〇したい、〇〇したくない、アレが好き、コレは嫌い、など

感情

悲しい、寂しい、嬉しい、楽しい、幸せ、憎い、など

怒りも代表的な感情の一つです。

この区別はかなり重要なので、しっかりと理解しておいてください。

私のセッションで行うワークでは、

  1. 思考
  2. 気持ち
  3. 感情

はキッチリと分けて、主に気持ちと感情を出してもらってそれをしっかりと感じてもらうということを主軸にします。

ところが、頭主導で生きることに慣れてしまっている我々は、こうしたワークの際中に思考(エゴ)が出てきてワークが妨害されたり中断されれてしまうことが起こります。

そうした際には再びプレゼンスな状態まで戻すのが私の仕事です。

思考とは、マインドの中でしか存在出来ないものです。

そしてエゴが繰り出す思考はすべて恐れベースです。

エゴとは簡単に言えばこの3D世界を「穏便に」生き延びるためのアヴァターですから、どうしても「保身」に走った思考になるのです。

例えば、今自分が感じている感情は「良いものなのか、悪いものなのか」「知りたい」と思うのがエゴです。

「良い感情」であれば安心し、「悪い感情」であれば自分を責めたり、拒絶したりします。

なぜなら、「悪い感情」を持っている自分は他者から愛されないと思うし、受け入れてもらえないと思うからです。

「率直な性格」は「良いこと」なのか「悪いこと」なのかと考えるのもエゴです。

そうした判断を他者(世間)へ仰がなくては、自分の立ち位置を明確に出来ないのです。

真実は何かと言えば、「良いも悪いもない」のです。

率直であることは率直であること、それ以上でも以下でもありません。

それを好きかどうかは好みの問題なのであって、好きな人もいれば嫌いな人もいる。

この世のすべては二元性ですから、すべての人に好かれるなどということはまずあり得ないのです。

その二元性のありのままを受け入れることでしか、「人から嫌われる」という恐れを超越する方法はありません。

日常生活の中で、

  1. 思考
  2. 気持ち
  3. 感情

を分けて観察できるだけのアウェアネスを育むことは、意識を明確にしていく上で役に立ちます。

よくわからないときには、自分の中に浮かんでいるものをとりあえずすべてノートへ書き出してみて、それを見ながら区別をつけるとわかりやすいです。

例)

① 今日は会社へ行く道すがら足に靴擦れが出来てしまって痛かった。② そのせいで ③ 朝から悲しくなって、④ 一気に疲れて会社へ行きたく無くなった。⑤ 今日一日この足で過ごすかと思うと ⑥ 気が重い。

  1. 事実
  2. 思考
  3. 感情
  4. 気持ち
  5. 思考
  6. 気持ち

一文の中に、これだけの思考、気持ち、感情が入っています。

日記をつける習慣のある人は、事実や思考を書くだけではなく、その時の自分の気持ちや、湧きあがってきた感情を出来るだけ正確に「言語化」する練習を積んでいくと、「自分をしっかりと表現できる」表現力豊な人になることが出来ます。

今の時代、ありのままの自分を素直に表現することが凄く大切です。

恋人と別れて悲しければ、

「今日大切な人と別れて、私は今とても悲しい」

と言えるだけの素直さが必要なのです。

それは、自分をしっかりと受け入れている人にしか出来ないことなのです。

そして、残念ながら今の世の中は、他者の感情の発露を受け止められない人が圧倒的に多いですから、そうしたときに「元気出して」とか「そんなに悲しんじゃダメだよ」などと言われることがあります。

彼らは感情とどう付き合って良いかわからないのです。

だからありのままのあなたを受け止めることが出来ません。

ですが、だからと言ってあなたが自分の感情を押し隠したり、変えようとしたりしなくていいのです。

自分がおかしいと思う必要もありません。

自分の気持ちと感情を素直に認め、受け止め、受け入れる訓練を積んでください。

思考、気持ち、感情をしっかりと区別して、すべてが仲良く調和的に存在できるようになることが、「内面の統合」の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら