アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

【徒然】戻りました 時差ボケすごいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

27日の午後6時にオランダの家を出て、帰路に着きました。

ハーグからスキッポール空港までは電車で約30分。

午後7時半までに空港に着きたかったのですが、万が一のことを考えて6時には家を出たのです。

私の父は、旅の計画を立てるときには「必ず余裕を持ってスケジュールを組め」と常々言っています。

「時間ピッタリに計画を立ててはいけない」と。

この日、午後6時に家を出てハーグ・セントラルの駅まで行くと、チケットカウンターで「空港行の電車はすべてアムステルダム経由でいかなければならない」と言われました。

「えっ、どうしてですか?」

と聞くと、「飛び込みの人身事故があったの」と。

うわっ。

その影響ですべての電車に混乱が出ているということでした。

本来であれば、6時に家を出ていれば余裕で7時前後には空港へ着ける見込みでした。

しかし、今となっては事故の影響で午後9:20分発のフライトなのに、スキッポールに着くのが8:35。

うわーーー、これはないだろ!

と思っていたところ、運よく乗り換えの駅で一番早い電車に中継出来て、8時には空港に着くことが出来ました。

あーやっぱり、時間に余裕を持ってスケジュールを組んでいて本当に良かったと思いました。

もしも高をくくって時間ピッタリに行っていたら確実に乗り遅れてました。

でもこのドタバタがきっかけとなって、同じくハーグの駅から空港へ向かうイギリス人女性二人と一緒になり、電車の中でずっとお喋りできたので楽しかったです。


今回の旅では初めて大観航空を使っていたのですが、香港人の友達から「機内食でビビンバ出るよ」と聞いていたんですよね。

行きのフライトではなかったのですが、戻りのフライトでありました。

最初から話の種にこれを食べようと決めていたので、良かったです。

大観航空は「臭い」というのは、まぁ確かにそうなんだと思います。

私は韓国料理はイケる口なので全く気にならないのですが、ビビンバが出た瞬間から機内にビビンバの臭いが充満するんですよね。

オランダ人は韓国料理がダメな人が多いので、これはキツイかなと思ったのです。

ちなみに朝食にはお粥が出ました。

私の独断と偏見で、今まで乗った航空会社の機内食ランキングをつけると:

  1. エアフランス
  2. 大観航空
  3. キャセイ

の順になります。

20代の最初の頃は、アメリカの航空会社ばかり使っていて、宇宙食みたいな機内食が普通だと思っていたんですよね。

ところが、26歳の時に乗ったエアフランスで出た機内食の数々に感動の涙を流しました。

朝食には温かいクロワッサンがバスケットに入って配られて、今でも記憶に残っています。

キャセイは昔ハーゲンダッツのアイスを配ってたんですよね。

クリスマスの日に乗った時には、ちょっとしたご馳走が出ました。

今ではどうか知りませんけど。


昨日の夜は名古屋泊で、今日家に戻りました。

本格的な時差ボケです。

思えば3週間はあっという間でした。

今回の旅では、当初「やりたい」と希望していたことがすべて実行できて、本当に満足でした。

メチャクチャ楽しかったです。

時差ボケが抜けるまでゆっくりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら