アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

価値観を刷新して時代に合わせていく

8月にオランダへ向けて出発する際に利用した駅のホームで、二人の女性が話している会話が聞くともなしに聞こえて来ました。

「〇〇さん、それだけ長くつづけてらっしゃるってことは、本当に好きってことですよねぇ」

「私も何か始めたいけど、どうせなら長く続けられるものがいいから、考えちゃって」

「本当に好きなことでないと、続けられませんものね」

古い時代の会話やなー・・・。

何事も長く続けることが良いという価値観は、それはそれで価値のあるものでしょうけど、それに拘る必要って何もないと思う。

今の時代はむしろその逆だから。

今の時代は、自分の感性の赴くままに何でも行動を起こしてやってみて、違ったら軌道修正をかけていけばいい。

「長く続けなくちゃ」なんて最初から制限をかける必要はどこにもない。

もったいない。

何かを長く続ける、結婚でも仕事でも趣味でも友人関係でも・・・これは、例えば江戸時代のように安定した世の中が長く続いてた時代ではとても有益な価値観なんです。

すべてが安定していて、のんびりとしていて、変わらない方が生きやすい時代でしたからね。

ですが、今の時代はまさに「過渡期」で、半年後にはどうなってるのかさえも見通せない世の中なのです。

私は半年前までは、普通にオランダの行きかえりに香港でレイオーバーして楽しもう、くらいに考えていたのに、今では香港の空港は占拠されて警官隊が出動しているような有様で。

とても「遊びに」立ち寄るような雰囲気ではないわけで。

でも、半年前にコレは予見できなかった。

今、世界が変化するスピードはすごく速いから、何事も10年20年続けたいなどということは「非現実的」であると知ることが大切です。

過渡期にはそうした生き方は一種の「抵抗」ですらあるのです。

10年前に私がのめり込んでいた趣味と言えばバンド活動ですが、今の私にしっくりくるかと言えば、とうてい無理です。

10年前だからできたこと。

そのときにはバンド活動が私の中で「自己一致」していたのです。

ですが、次第に自分の中で自己一致出来なくなってきたときに、私は「バンドを辞めたい」と申し出たのです。

自分の内面の真実に正直に生きることがすごく必要。

でも、頭の中で「長く続けなければ」と思い込んでいると、自分の真実を見失ってしまいます。

だから、不要な価値観やもはや役に立たない価値観は手放していきましょう。

関連記事

保存版記事

登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー