魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

前の記事で、変化に伴う痛みも丸ごと受け入れて、前進していくしかないと書きました。

少し例を挙げて書いてみたいと思います。

アセンションやシフトの過程では、依存、自立、そして相互依存への移行の学びは鉄板で入ってきます。

依存や共依存傾向が強ければ、自立するだけの強さが持てない故に、どんなに苦しくても現状維持を選び続けてしまいますし、自立依存傾向が強ければ、傷つくことを恐れて周囲に頼ることができず、自分がつぶれてしまうまですべてを抱え込んだりします。

この場合、痛みを丸ごと受け入れて前へ進むとはどういうことか。

依存・共依存の人は、自分が依存している相手から離れて(親や親友や伴侶など)一人でいることの痛み(怖さ、寂しさ、不安)を感じること。

自立依存の人は、自分の弱さをさらけ出して周囲に頼るときに感じる情けなさやみじめさや不安、恐れを感じること、です。

今までの自分とは違った方向へ一歩進みだすわけですから、当然抑圧してきた痛みが一気に浮上してきます。

それが目的でもあります。

浮上してきたときに、それから逃げずに、ただ感情を受け止めて感じます。

自分を受け止めることでもあります。

情けなくて惨めなら泣けばいいです。

そこでいつものように誰かに泣きついたり、心を閉ざして自分の殻に閉じこもったりせず、思い切り痛みをさらけ出したらいいんです。

そして一晩寝て、また歩きだします。

その繰り返しで傷を癒して変化していきます。

これが、痛みを丸ごと受け入れながら前進していくということです。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ダウンロード

E-Bookのダウンロードはこちら★

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、このサイトのお問合せフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

クンダリーニレイキ更新情報

※ 手違いにより以前のメルマガを削除してしまいました。クライアント以外の方でご登録いただいていた方は、お手数ですが再度お手続きをお願いします。

アセンション通信メルマガ登録

ブログではシェアできないディープな内容や情報をお届けする不定期のメルマガです。ご登録はこちらからどうぞ★

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら