アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

ビジョンを持つことの大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ビジョンを持つこと」は、ものすごく大切です。

世の中には、「自分のビジョン」を持たない人がすごく沢山います。

「自分のビジョン」とは、

  • 自分の価値観
  • 自分が大切にしていること
  • なりたい自分像
  • 創りたい人生像
  • 人生観
  • 自分だけの人生哲学

といったことすべてを含みます。

つまり、自分がこの人生を自分の足で歩むにあたり、一体どんな生き方をしたいのかという明確な指針のことです。

それが無ければ、人生の方向性が定まらず、「誰かや何か」を拠り所とせざるを得なくなります。

大学に行きたいと願う高校生の中には、自分のビジョンをしっかりと持てている人と、そうでない人がいます。

「〇〇学部へ入って〇〇の勉強をして、将来的には〇〇の方向で仕事を見つけたい」

というビジョンがある人は、

「だったらA大学が一番良い、A大学の〇〇学部はこの分野では強いから」

という風に、「自分の望むもの」をさらに明確化していくことが出来ますし、辛い受験勉強もくじけずに最後まで取り組むことが出来るでしょう。

ですが、自分のビジョンを持たず、

「なんとなく・・・今時みんな大学受験するし、学歴って大事でしょ?」

程度の動機しか持たずに受験勉強に取り組む人は、弱いのです。

何か誘惑が来たり、困難が来た時に、すぐに諦めてしまうし、一体自分が何のために大学へ行きたいのか、「願い」の中に自分がないのです。

ビジョンは、とくに「真面目なもの」である必要はまったくありません。

ずっと以前に記事に書いたように、いわゆる世間では「不純な動機」と思われるくらい純粋な動機の方が良いです。

参考記事:不純な動機

例えば、

「大学を卒業すればもっと沢山お金を稼げるから是非大卒という肩書が欲しい」

とか、

「大学へ入っておけば、とりあえずあと4年は遊べる」

でもまったく構わないんです。

問題は、どれくらい強く自分がそれを欲しているのか。

日本人女性が海外で一人で生きていくのは大変と言われる中、数々の逆境を乗り越えても残っているのは、「アイドルのおっかけ」とか「自由を満喫したい」とか、そういう大義名分のない「純粋な動機」を持った人たちです。

そういう動機が一番強い。

つまり、「どれくらいでかいニンジンをぶら下げられるか」ってこと。

自分にとってニンジンがでかければでかいほど、やる気が湧いてくるものです。

「何に」魅力を感じるかは人それぞれ違いますから、内容はどうでもいいんです。

あくまでも、「自分がそれを欲しいかどうか」が問題。

まったくこういう理由で、ビジョンを持たずに取り組む癒しは効果が薄いですし、それで現実が変わることはないでしょう。

なぜなら、「本気度」が低いから。

「変わらない」方を選んだ方が楽ですし、実際多くの人は、最終的には変わらないことを選びます。

だから、何に取り組む前にも、自分は一体どんなビジョンを持っているのかを、ある程度しっかりとイメージしてから始めることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら