アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

クレア・コグニザンスがある人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フォーラムに投稿された内容です。

みんな自分はエンパスだって言うけど、私はちょっと違うの。

私は「文字通り」他の人たちのブルシット(嘘やインチキ)が視えるし聞こえるの。

この世界は狂気の沙汰。

他にもこういう人いる?

これって、クレア・コグニザンスだと思う。

正解ですね。

クレア・コグニザンスです。

私もクレア・コグニザントです。

このクレアは、他のクレアに比べてあまりよく知られていないと思います。

クレアの中でも、クレア・ヴォヤンス(透視能力)、クレア・センシェンス(透感能力)は比較的有名で、エンパスはクレア・センシェンスが発達しています。

クレア・コグニザンスは透知能力と呼ばれ、「知っている」能力のことですが、私の感覚からすると、見えるし聞こえるし知っているという状態です。

例えば、今目の前にいる人が「本当のことを言っているのかどうか」はチョンバレでわかります。

そして、

「え?あなた今、心にもないこと言っているよね?なんでそんな涼しい顔してそんなウソ言えるの?」

と、ものすごく呆れている。

もちろん目の前にいる人は、自分が「嘘をついている」という認識や自覚はまったくありません。

極めて普通のつもりだし、本当のことを言わずに適当に言っておいても、私にはわかるまい、バレまいと思っているだけなんです。

でも実際は丸わかり。

インディゴはクレア・コグニザンスがとても強いと言われます。

だから、お世辞、おべんちゃら、おべっか、社交辞令などは一切通用しません。

グレタ・サンバーグはインディゴですが、彼女にもこういうのは通用していませんよね。

「私たちがどれほど勇敢で素晴らしいかを褒めたたえる必要はないわ。そんなお世辞は糞の役にも立たないから」

って国連で言い放ちましたよね。

私は仕事でもクレア・コグニザンスは全開で使っています。

クライアントのエネルギーの状態を感知していますから、本当のことを言っていない、無意識のうちに何かを隠している、本心ではないことを言っていると、私が気持ち悪くなります。

うわー気持ち悪い!と思って、そう言うと、クライアントはハッと意識的になって、ご自身の内面を探求し始めてくれます。

セッションに来てまでお世辞や社交辞令や茶飲み話みたいな表面的な話をしていても意味がないですから。

ちゃんと本音を言ってもらえないと、解決出来るものも出来ないのですから。

正直、クレア・コグニザンスがある人は大変だと思います。

このクレアがあると、めちゃくちゃ冷めた人になりやすい。

なぜなら、ありとあらゆる嘘とインチキがすべて透けて見えてしまうから。

これは大変です。

でも、一度この能力をプラスの方向へ活かせるように訓練を積んでしまえば、それを活かして全体の役に立てることが出来るようになります。

私の前では本当じゃないことは通用しないので、クライアントは正直にならざるを得ません。

だからこそ、核心を突いたセッションを行うことが出来るのです。

反対に、核心を突かれては困る人は、私のセッションを受けたくなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら