アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

武器を持ちかえるエゴのトラップ

care more about how you FEEL

than what you think

自分がどう思うかよりも、「どう感じるか」に意識を向けなさい。

エイブラハム・ヒックス

アウェイクニングや覚醒の一番初期の頃に起こりやすいエゴのトラップがあります。

それは、「武器の持ち替え」。

頭が強く、「べきべき、こうするべき!」「ねばならない」という癖が強い人は、今までの人生を「なんらかのルール」に従って生きてきています。

誰かや何かから言われたことで、「それはこうするべき!」というようなものです。

そういう人が、「ハートに従おう!」という「新しいルール」を与えられると、今度は今までの武器を手放した後に「ハートに従うべき!」という新しい武器に持ち替え、それを振りかざして自分も他者もジャッジし始めます。

ハートに従っていない自分はダメ、あの人はハートに従ってないからダメ、ハートに従わないことはダメ、許せない!

みたいな感じです。

でも、お判りの通り、これは単なるエゴのトラップに過ぎませんよね。

本質的な部分は何にも変わっていないし、ハートは閉ざされたままなのです。

頭で「考え」て「べきべき」と言っている限り、ハートは開いては来ないのです。

ズバリ言ってしまうと、そんなに簡単にハートは開きません!

今まで何千年も閉ざされていたものですから、そんなに簡単に開いたら、誰も苦労してないって話なのであって。

ハートチャクラはソーラープレクサスチャクラの上にありますから、ルート、セイクラル、ソーラープレクサスと順当に浄化が行われて行って、その後にようやく開き始めるような感じです。

時間にして早い人でもそこまでいくのに3年くらいはかかりますよ、と前から言っている通りです。

ハートチャクラが開くためには、まずは今までの自分が「木っ端みじん」に打ち砕かれる必要があります。

今までの自分が木っ端みじんになって、こりゃもう修復できないわ、となったことがきっかけでハートが開き始めます。

その際にはとてつもない痛みを通過します。

その痛みをすべて受け止めて乗り越えた後、気が付けばハートが開いて、中から本当の自分が出てくる。

そういう流れです。

頭の中だけに暮し、頭の中で武器を次々に持ち替えて自分や他者を断罪しているエゴが完全に撤退しない限り、ハートは開いてこないのです。

この状態で、ハートに従うことは出来ません。

前から書いている通り、下から(ルートチャクラ)から順にやっていくしか道はないのです。

地道にコツコツと、自分に対するジャッジを手放すこと、どんな自分でも受け入れること、自分に対して優しくすることを訓練していきましょう。

関連記事

保存版記事

登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー