アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

「明晰性」と「賢明さ」を持つことが必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「自分の感覚に従う」ことの大切さを説いている私ですが、それには「明晰性」と「賢明さ」が必要であることも、同時に説いてきました。

例えば、来年の2月に受験を控えた受験生が、受験勉強する気が湧かず、漫画を読んだりテレビを見たりゲームにハマって抜けられないことが度々あります。

これは「本当にやる必要のあること」に向き合うことから逃避する「現実逃避」の一種で、スピリチュアリティでは、エスケーピズムとか「自己放棄(Self Sabotage)」と呼ばれるものです。

エゴは安全圏から出ることを嫌いますから、自分の安全圏を脅かされるような状況が発生すると、こうした自己放棄を持ち出して、プロセスを少しでも遅らせようと画策するのです。

こういうときに、「今はゲームをやりたいだからそれに没頭すれば好し!」とか「思う存分テレビを見て楽しもう」などといって受験勉強を先延ばしにしていても、それで「自分の夢」が叶うことは無いでしょう。

そういう状態が「自己一致」の状態とはとても言えないのです。

でも、この区別がつかない人が多いのではないでしょうか?

タバコを吸ったりお酒を飲んだりすると気分が良くなる人も、「自己一致している」とは言えないのと同様の現象です。

本来であれば、今の「働き方」を辞めて、一段とステップアップした次の人生ステージへ上がる必要があるのに、それをするだけの勇気が持てないために、資格試験を目指してお茶を濁してみたり、3D世界のマトリックスの中で別の勤務先を見つけてみたりする現象も同じです。

人生のステージを上げるとは、今までとは一皮も二皮も剥けて全く別の自分となって生き始めることを指しますが、それには多大な勇気を必要とします。

その勇気が出ないときに、今いるステージの中で少し変化しただけで、それがステージアップだと思い込んでいる場合、それは単なるエゴのトラップにすぎないのです。

こうしたエゴのトラップを見抜けるだけの明晰性と賢明さが求められます。

その上で、「少しだけ、あと30分だけテレビを見たら勉強に戻ろう」とか、「今の働き方を少しキープしたままで、この先一人立ち出来る準備を進めよう」と今出来ることから着手するなど、そうした克己心が必要になるのです。

今の自分を受け容れつつも、背中を押すことも忘れない。

明晰性と賢明さがない「自分の感覚を信じる」は、明後日の方角へ行ってしまう可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら