アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

自分の正直な気持ちをありのままに認めて表現できることが必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

もう10年以上も前のことになります、香港で独身時代を謳歌していた頃、仲良くしていた5歳下の日本人女性がいました。

彼女も含めて何人かでいつもつるんで遊んでいたんでした。

彼女はある日、どこかで出会った香港人に誘われて、ボートだかヨットだかで行われるパーティに行ったんですよね。

私は後で彼女に、

「どうだった?楽しかった?」

と聞いたのですが、そのときに彼女は、

「う~~ん・・・・・・・・まぁまぁ・・・・・かな?」

と答えたのでした。

私は当時からこういう答えが良く分からない人で、

「それって、楽しくなかったってこと?」

と突っ込んで聞くと、

「う~~ん・・・・・・・。知っている人が誰もいなかったから・・・・」

と、さらに曖昧な答えが返ってきました。

私はこういうときに、正直にありのままの自分の気持ちを認めて、かつ表現できることがすごく大切だと思っています。

彼女の本当の気持ちは恐らくこうです。

「誘われたから行ってみたんだけど、知っている人が一人もいなくって、あまり楽しくなかった」

だけど、彼女の中に「そう言ってはならない」という何かしらの観念があるのだと思います。

それで、前出のような煮え切らない答え方になっている。

本当の自分の気持ちをありのままに認め、表現し、それを誰かと共有したり、自分が受け入れることが出来れば、その時点でこの出来事に関するモヤモヤした感情は昇華することが出来るのに。

例えばこういう感じに:

「この前知り合いの香港人に誘われて集まりに行ったけど、知った顔が一人もいなくって、間が持たなくて大変だった。誘ってくれたことはありがたいけど、あぁいう集まりにはもう行かない方がいいなと思った。疲れただけだったから。これからは誘われても断ろうと思う」

ここまで表現できれば、それで完結です。

日本人は特に、「自分の正直な気持ちを言葉にして表現する」ことをしない民族だと思います。

そして、自分ですらも自分の本当の気持ちを認めていない。

誰かに自分の気持ちを分かってもらおうとする前に、自分が自分の気持ちをしっかりと受け止め、認め、受け入れることが絶対に必要なのですが、それが出来ていない人がほとんどなんですよね。

日頃から自分の本当の気持ちに正直になって、それを表現することを実践していくと、自分の中がスッキリして次第に自己一致出来てくることに気づくと思います。

正直にありのままの自分の気持ちを認めて、かつ表現できることがすごく大切。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら