アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

自分の真実を表現しないとスロート・チャクラはダメージを受ける

昨日の記事のように、自分の真実(本当の気持ち・本音)をしっかりと表現せずに、それとはズレたことばかり言っていると、ダイレクトに影響を受けるのはスロート・チャクラです。

スロート・チャクラがもともと機能不全(ブロックがあったり変形していたり)なので、自分の真実を表現できないという側面と、自分の真実をしっかりと表現しないからスロート・チャクラが機能不全になっていくという側面、両方があります。

日本では本音と建て前が使い分けられていたり、自分の思ったことをストレートに表現しなかったり、本当の気持ちを押し殺してなかったことにすることが多いので、スロート・チャクラに沢山ブロックがある人が多いのです。

スロート・チャクラの浄化と癒しには、まずどんなことでも、自分が内面に感じていることを「言語化」して、それを言葉に出して言うという訓練を積むことが効果的です。

何も人前ですることはないので、自分一人の時にでも、この練習をすること。

最初から自分の本音が出てくるとは限らず、最初のうちはまったく別ものが出てくるはずです。

自分の真実ではないことを口にしても、その言葉にエネルギーはこもりません。

なので、しっくりとこない。

自分が本当にしっくりと来るまで言い直す、何度でも別の言葉で表現を続けているうちに、「これだ!」と感じる言葉があれば、それが自分の真実です。

自分の真実の言葉には、エネルギーがこもります。

私は普段、人が言う言葉ではなくて、その裏にあるエネルギーを感知しています。

言葉にエネルギーが入っていない人の言葉は、私には響いてこない。

たどたどしくても、一生懸命自分の言葉で自分を表現しながら話す人の言葉には、エネルギーが入っているのでこちらに伝わってくるものがあります。

私はその感覚を大事にしてコミュニケーションをしています。

関連記事

保存版記事

登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー