アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

自由とは何か – 自分が自分のマスターになること- その1

「自由」であることとは、何にも縛られずに何でも自分の好きなことが出来ることです。

ですが、それは決して「表面的なこと」だけではないのです。

表面的な部分では、

  • 好きな場所へ行くこと
  • 好きな服を着ること
  • 好きな人と結婚すること
  • 好きな場所で暮らすこと
  • 好きなことを仕事にすること

などがあるかもしれません。

ですが、もっと「見えにくい部分での自由」はないということが多々あり、その「見えにくい部分」を解放していくのが「本物の癒し」なのです。

以下のようなことは、「見えにくい部分」で自分が何かに支配・コントロールされているサインです:

  • タバコを吸わずにはいられない
  • お酒を飲まずにはいられない
  • 友達に電話せずにはいられない
  • 恋人に電話せずにはいられない
  • 甘いものを止められない
  • 買い物せずにはいられない
  • 仕事せずにはいられない(休めない)
  • 常に何かをしておらずにはいられない(ゆっくりできない)
  • パートナーの携帯をチェックせずにはいられない
  • 怒らずにはいられない
  • 相手を責めずにはいられない
  • 他人の問題に首を突っ込まずにはいられない
  • 子供や夫の世話を焼かずにはいられない
  • 他人に同情せずにはいられない
  • 誰かのことを考えずにはいられない
  • この人は有毒だとわかっていつつも別れられない

等。

こうしたことは、心の傷(魂の傷)が要因となって自分がそれに支配・コントロールされている明らかなサインです。

「何かをせずにはいられない」という時に、本当の自由はありません。

そういう感じ方があるときに、自分の力を自分以外の何かに明け渡し、それに支配・コントロールされているということです。

傷が癒えて健全な精神を回復出来ていれば、

  • タバコは吸っても吸わなくても、どちらでもいい
  • お酒は飲んでも飲まなくても、どちらでもいい
  • 買い物はしてもしなくても、どちらでもいい
  • 恋人に電話してもしなくても、どちらでもいい
  • 他人の問題に首を突っ込まずに放っておける
  • 夫や子供の世話よりも、自分の人生を生きることに集中できる

という風に、自分の力と責任において「選択の自由」が生まれて来ます。

毎日お酒を飲むのは適切ではないとしても、たまの集まりで1~2杯楽しむくらいは出来るし、気分転換に恋人に電話をしても、以前のような神経症的な強迫性はありません。

好きな物を買うのは楽しいですが、「買い物をしなくてはいられない」という強迫性からは解放されています。

自分の力と責任において、物事をコントロールし、物事にコントロールされることはなくなります。

適切かそうでないかの判断を下すことが出来て、怒るときには怒る、怒りをコントロールするときにはする、という「たしなみ」が身についてきます。

そうなったときに、自分は自分のマスターになれるのであり、自分以外のものが自分を支配・コントロールするということがなくなります。

  • 自分は怒りをコントロールする者であり、怒りに乗っ取られ、怒りに支配されるものではない
  • 自分は依存心をコントロールする者であり、依存心に乗っ取られ、依存に支配されるものではない

それが真に「自由」な状態であり、そのステージへ到達することがアセンションでは一つの目標となっています。

そこに至るまでに、通常では何年も癒しに取り組むことが求められるのです。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら