アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

種を植えてから一週間で花は咲かない

私たち人間が暮らしている3次元世界の特徴は:

  1. 物質
  2. 時間
  3. 距離

そして、「二元性」です。

例えば、私が今もしここで、「ストックホルムへ行きたい!」と願ったとしたとき・・・頭の中ではストックホルムを想像して、「すぐにでも」そこへ行ったような気になることは出来ます。

ですが、現実問題としては、車、電車、飛行機を乗り継ぎ、時間とお金をかけて、距離を乗り越えて、この身体を運んでいかなくてはならない。

だから、「今やりたい」と思ったとしてもそれは無理なことで、数日から数か月は時間がかかるものなんです。

それが3次元世界という場所の性(さが)。

癒しに取り組まれる方の中には、この大前提を持てない方が結構いらっしゃいます。


2カ月前から癒しに取り組み始めたばかりの自分と、もう何年もその道にいるライトワーカーとを比べて、

「私はあんな風に出来ていない・・・」

と思い、自分を批判したり、責めたり、落ち込んだり、あるいは「どうしたらそうなれるのか」と奔走したり・・・・

キツイようですけど、本気ですか?

それはまるで、2カ月前から赤バイエルを始めたピアノ初心者が、音大のピアノ科の学生の演奏を聴いて、「なぜ自分はあんな風に弾けないのか」と言っているのと同じことなんです。

二日前に土に植えた種の花は、一週間では咲きません。

この3次元世界において、物事が成就するには「時間・距離・物質」を必要とするのです。


初心者の自分を受け容れられない、自分も「あんな風に」と奔走してしまう心理の根底にあるのは、劣等感と無価値感です。

  • うまく出来ない自分はダメ
  • ちゃんと出来ない自分は愛されない
  • 他の人と比べて自分が劣っていると思いたくない
  • 私もなんとかして出来るようにならなくちゃ
  • この惨めさにはもう耐えられない

こんな痛みを感じたくないために、エゴが介入して「自分に鞭打つこと」で解決しようとしているだけなんです。

  • もっとやれ
  • 自分を責めろ
  • 自分を批判しろ

ですが、こういうエゴのストラテジーは、効果がありません。

本当の解決策は、「まだ始めたばかりでうまく出来ない自分」をそのまま受け入れることでしかないのです。

その自分で好しと思えなければ、たとえどんなことをやっても、満足することはないでしょう。

一番最初の大前提に戻ってください。

物事が成就するためには、それなりの時間がかかる。

人間がだいたい「一人前」になるには、ほぼ20年の歳月を要します。

癒しもそれと同じなんです。

だから、地に足をつけて、しっかりと目の前のことに取り組みましょう。

関連記事

保存版記事

登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー