魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

サイマスチャクラとアース・スターチャクラ

今回はあまりメジャーではないかもしれないけど重要な二つのチャクラについて書いてみようと思います。

一般的に言われる主要7チャクラとは:

  1. ルートチャクラ
  2. セイクラルチャクラ
  3. ソーラープレクサスチャクラ
  4. ハートチャクラ
  5. スロートチャクラ
  6. サードアイチャクラ
  7. クラウンチャクラ

を指します。

体内にはこの7チャクラ以外に、足裏や手の平、また耳などにチャクラがあります。

この記事でご紹介するのは、アース・スターチャクラ(Earth Star Chakra)とサイマスチャクラ(Thymas Chakra)の二つです。

サイマスチャクラ(Thymas Chakra)

サイマスチャクラ(Thymas Chakra)は胸と喉の中間あたりに位置する自尊心を司るチャクラです。

このチャクラの存在は実はあまり知られていませんが、とても重要なチャクラです。

サイマスチャクラが健全に機能していると:

  • 健全な自尊心を育む
  • 自他ともに尊重し大切にすることができる

サイマスチャクラが機能不全に陥ると、自尊心の低い言動をとるようになります。

自尊心とは書いて字のごとく、自分を尊ぶ心です。

自尊心は不健全なプライドとは違います。

不健全なプライドは自分も相手も傷つけます。

かつての日本が行った各地の侵略や、自分の命を犠牲にしてでもナショナリズムに貢献する行為などは自尊心ではなくエゴの不健全なプライドです。

日本人は他民族に比べると健全な自尊心を持てない人が多い民族ですから、ことさらサイマスチャクラを強化したり労わったりすることが大切だと思います。

姿勢と呼吸を整えて、両手を胸より少し上方にあて、レイキやエナジーを送りながら愛を感じるだけでもチャクラの機能が活性化します。

アース・スターチャクラ(Earth Star Chakra)

足裏から15cm ほど下(地中)にあるアース・スターチャクラ(Earth Star Chakra)はグラウンディングに不可欠なチャクラです。

アース・スターチャクラが活性化されると地球とのつながりが強化され、体内のエネルギーの過不足を調整できるようになることから、全体的なバイタリティーが増します。

クラウンチャクラの少し上方に位置するソウル・スターチャクラ(Soul Star Chakra)は宇宙の叡智をダウンロードしたり愛のエネルギーを取り入れるチャクラですが、アース・スターチャクラは地球のエネルギーを取り入れるチャクラです。

アース・スターチャクラが健全に機能していると:

  • グラウンディングする
  • 今に集中することができる
  • エネルギーの過不足を調整することができる
  • 意識の明晰性が増す

アース・スターチャクラが機能不全に陥ると落ち着きがなくなったり、浮足立ったり、目の前のことに集中できずに判断力・決断力が鈍ったりします。

アース・スターチャクラを強化するには、裸足で土の上に立つか、部屋の中でも椅子に腰かけ足の裏を床につけ、足裏から15cmほど下にあるチャクラをイメージしながらレイキやエナジーを送ります。

チャクラがくるくると回転して地球とのパイプラインがしっかりと繋がれているところをイメージします。

地球にしっかりと繋がって、エネルギーの受け渡しができているところをイメージします。

意図するだでもチャクラは活性化しますが、イメージングを使うとより効果的です。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら