【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

私がレナードから授けられた万能のマントラ

私がフォローしているライトワーカーやグリッド・ワーカーらは、アメリカ人が多いのです。

たまにイギリス人や欧州人、オーストラリア人もいますけど。

そうした人たちがスローガン的に唱えている

Be nice to others.

他者に良くしなさい。

という言葉。

これ、私は国によっては全く逆だと捉えています。

アメリカでそれを言うのはいいんですよ。

むしろ賛成。

だけど私が見たところ、日本には向かない。

向かないスローガンです。

日本人は幼少期より、自分の気持ちよりも相手や他者の気持ちを優先させ、全体の利益に貢献することを躾ける文化だからです。

そのせいで、自分が出せず本来の自分を生きられなくなってしまっているのが、国民病です。

そんな日本人に向かって

Be nice to to others.

なんて言ったらすごく逆効果。


私がレナード・ジェイコブソンのセッションで言われたことです。

いいかい。

君ね、もしも君の生き方に、アレコレ口出ししてくる輩がいたら、こう言いなさい。

Fxxk You.

それしかないよ。

君は君を生きるしかないだろう。

他の人のようにやって、他の人のように生きるなんて、君にはできないんだろう。

そんなこと、僕にだってできないよ。

だったらもう、Fxxk You しかない。

君は君の道を行け。

この言葉で、どれほど私が解放されたかということは、言葉では尽くせないほどです。

この F マントラは、効果あります。

何も口に出して言う必要はないのです。

それくらいの気概を持って生きろということです。

それか、心理カウンセラーの根本先生考案の

鬼畜生になれ!

が良いと思います。

それくらいでちょうどいいんですよ、日本人には。

汚い言葉を使ったことがない人、いつも礼儀正しくしている人にこそ、汚い言葉沢山使って感情を解放してもらいたいです。

何も相手に向かって言う必要はないです。

自分ひとりのときに、声に出して言うなり、紙に書きなぐりにするなりすればいい。

もう考えつく限りありとあらゆる罵詈雑言と悪態をつくと、スッキリします。

とにかく、体内に溜まっているエナジーを外側へ出していく必要があるんです。

とにかくエナジーは外側へ出して発散すること。

コレ基本。

なので、どんなにもっともらしく美しいスローガンでも、自分に合うかどうかってよく見極める必要あります。

「良い人」することだけが美徳じゃありません。

私は良い人よりも、正直な人の方が好きです。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら