【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

下世話なタブロイドに出ているような話ではなくもっと真剣な話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ハリウッドの俳優ブラッド・ピットは、私と同じ大学へ通っていました。

もっともアメリカに先輩・後輩という概念はありませんが。

私の大学寮時代のルームメイトはミズーリ州のスプリングフィールド出身で、今でもそこに住んでいますが、ブラッド・ピットもその街出身なんですよね。

当然ブラッドは地元の大スターなんですけど、彼は頻繁に地元へ戻るのでも有名です。

親兄弟がスプリングフィールドにいるんですね。

最近ブラッドのインタビュー記事を読んだことから、ルームメイトとその話になりました。

今全米では、ブラッドが元妻のジェニファーとよりを戻すのかどうかに注目が集まっているんですよね。

二人とも独身に戻りましたから。

ルームメイト曰く、ブラッドのお母さんはアンジーは好きじゃなかったし、元妻のジェニファーとは今でも連絡を取り合う仲。

お母さんのことがあるから、ブラッドもそういう流れになるかもしれないし、自分がどうしたいかわからなくても、タブロイド紙が決めてくれるわよ!

とか冗談でいっていましたけど、そんな薄っぺらい話じゃないと思うんですよね

私はブラッドのインタビューを読んで、彼が今、一つの魂としてイニシエーションを通過中で、本人は本当にそれをよくやっているという印象を強く受けたのです。

だけど、もしも自分がそういう経験をしたことがなければ、わからないことなのかもしれない。

単にくっついた離れたの話ではなくて、人として一皮も二皮もむけようとしてる。

そんなときに、お母さんがどうこうとか、嫁姑みたいな話はまったく関係ないんですよね。

アメリカでもこのメンタリティってすごいですけど、40代、50代、60代になっても親の呪縛から逃れられていない人は、世界中に沢山います

ヨーロッパでは親子の癒着が特に激しくて、子供はいくつになっても親離れができません

最近それがすごくクリアに観えるようになってきて、ちょっとウンザリしますね。

一皮二皮むけて魂として進化・成長するよりも、ずるずると昔のままいた方が楽なことは確かだと思いますけど。

結婚や離婚というような自分の人生の一大事に、親の意向や顔色を伺っている以上、進歩はあり得ないですし、私から見えるブラッドは、そんなやわな男じゃないと思います。

少なくとも彼のインタビューの言葉を読む限りは。

参考記事:ある俳優のインタビュー記事にて思う

私は今後も彼の様子を見守りたいと思います。

あ、ジョニー・デップも見守っていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら