魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

ソウルヒーリングやアセンション、シフト、アウェイクニングと呼ばれる過程の中で、とにかく一番大切なことは、常に自分に正直であることなんです。

このことについて、頭では理解できていても、実際にはできないという人が本当に多いと感じています。

本当の意味で自分に正直になってしまったら、他の人から批難されたり否定されたりする要素が必ず入っているからです。

エゴは防衛機能ですから、周りから認めてもらえないこと、否定されることを回避しようとします。


私の友人の一人は、50歳を目前にして、妻子ある男性と恋に落ちました。

とても波長が合う、魂の友だと感じる相手だといいます。

彼女は、

「私は彼の幸せを願っているから、家庭を壊したいなんて思わない。彼を家族から奪うことは私の願いではないの」

と言いますが、私にはどうしても、彼女が本当の気持ちを言っているようには感じられないのです。

彼女自身、自分で自分に正直になっていないという自覚はないと思います。

それほどエゴのトリックは巧妙なんです。

彼女は本当に自分は相手の幸せを望み、自分は何も望んでいないと自分にも他者にも「言い聞かせて」いる。

どこでそれがわかるかというと、彼女の話にこもっているエネルギーに感じる「悲痛さ」です。

悲痛な感じがするエネルギーはすべて恐れです。

恐れベースのものは愛ではありえません。

愛は軽く精妙で、痛みや重苦しさはまったく感じられないものです。

例えていうのなら空気と同じです。

空気って無味無臭で、あっさりとして何も感じませんよね。

あるのが当たり前で、とくに意識していない。

だけど、なければ生きていけないもの。

愛ってそれとすごく似ています。

本物の愛に根差したエネルギーは、相手からも「自分からも」犠牲や見返りを求めません。

私の友人にまず必要なことは、ちゃんと自分自身の気持ちに正直になることです。

本当は彼と一緒になりたいのだ、と。

そこを否定したままでは、自己欺瞞からは逃れられない。

実際に彼と一緒になるかならないかは、また次元が別の問題ですから、別途対処する必要のあることですが、自分に嘘をついている限り、その関係は欺瞞でしかありませんから。

自分の気持ちに正直になって、それを受け入れることができるって、本当に大切なことなんです。

いい人を演じたり、立派な人を演じたり、健気な人を演じている限り、本当の自分を生きることなどはできません。

鬼畜生になれ、という根本先生の言葉をお借りしておきます。

ソウルヒーリングではかかせない要素です。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら