アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

自分で自分を育てる課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スピリチュアルでよく言われるありのまま、私もほぼ毎日その言葉を使っているのですが、ときどきこんなことを聞きます。

「たとえどんなパターンがあってもそれが今のありのままなのだから、それを受け入れればそれでいい」

これは一見もっともらしいのですが、答えはイエスでもあり、ノーでもあります。

例えば、以前の私はヘビースモーカーでした。

「今はまだ」タバコが必要だからそれでいい。

と一度その状態を受け入れます。

ですが、今後ずっとそれでいいのかと言えば答えはノーです。

なぜなら、タバコを吸い続けることは、長い目で見て私のメリットを損なう行為だからです。

母性と父性のバランスの問題なんですね。

男性性と女性性のバランスとも言い換えることができますが。

健全な母性はありのままの状態を受け入れ、どんなにひどい子供でも無条件に愛します。

健全な父性は子供が成長の段階に差し掛かった時、背中を押して自立して歩いていくことを促します。

母性と父性がバランスよく取れたときに、自分に対して健全な愛とサポートを与えることができるようになります。

不健全な形で母性が出てしまうと、べったりと癒着して依存関係に陥ったり、子供が自立して自分から離れていかないように、タバコを与え続けたりします。

不健全な形で父性が出てしまうと、星一徹のような厳しさだけが優位に立ったような暴力的な男性性が全面に出て、弱さを責めて叱咤激励する形でしか成長を促せなくなります。

自分(子供)の成長を暖かく見守りながら、適切な保護とサポートを与えられること、健全でバランスの取れた形で自分自身を養育できるようになることが、母性と父性、男性性と女性性のバランスの取れた状態になります。

共依存の恋愛しかできない人が、今はまだ共依存から卒業できなくてナルシシストから離れられないとしても、これからもずっとそれでいいことには、残念ながらなりません。

とくにアセンション過程にある人は、かならずそこを乗り越えていくように促されますから、腹が括れるまで状況はひどくなる一方でしょう。

成長には痛みが伴います。

そんな中で、自分を愛することを学び、自分を育てることを学ぶのも、ヒーリングの課題の一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら