アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

アセンションへようこそ!きっと大丈夫、プロセスを信じよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今日のフォーラムにこんなトピックスが立ちました。

みなさん、こんにちは。

私、数週間前からアウェイクニングとか霊的覚醒っていうのが始まってるみたいなの。

アウェイクニングってどんな感じですか?どんな風に進んだらいいのかアドバイスもらえたら嬉しいわ。

これを読んで、少しいたたまれない気持ちになりました。

以前の自分を思い出したりしますからね。

この人も、長く苦しい旅路となることでしょう。

真っ暗闇を通り抜け、魂の闇夜を経験し、圧倒的な孤独感を乗り越え、自分の痛みと直面する数年間の幕開けです。

感情につぐ感情の嵐。

自分の感情がどうにかなってしまったのではないかとパニックになる時期。

はぁ~。


もう何年も前、私が一番最初に自分に何が起こっているのかを理解し始めたとき、あまりのことに涙が止まらなくなったのでした。

これから自分の身に起こるであろう出来事の全貌を、垣間見たような瞬間があったのです。

それは、決して心躍るようなワクワクとしたものではなかったのでした。

業火の中を通り抜け、執着をすべて手放し、自分の中に入っているありとあらゆるものを浄化していくためには、ワクワク・ドキドキだけでは済まされないことを、直感的に知っていました。

変化は痛みを伴います。

成長は痛みが伴います。

それがすごく怖かったんです。

人間は、「喪失体験」を通して霊的に目覚めていきます。

この世のもの、自分の大切なものを失う経験を通し、執着とは何か、苦しみの元とは何かを知り、永遠なるものをただ自分の内側にのみ見出すことによって、霊的真理へと覚醒していくプロセスです。

どうして普通の人生を生きさせてくれないのか、と宇宙を恨む気持ちもありました。

それと同時に、自分はまさにこれのために生まれてきたのだ、これを成し遂げることが生まれてきた目的なんだ、今までの人生はすべてこのための前舞台に過ぎなかったんだ、という確信に近いものがありました。

魂からの直感ともいうべきものでした。

こうしたものが入り混じった複雑な気持ちに圧倒されて、感極まって号泣したものでした。


あれから何年たったのか・・・・。

ずいぶんと遠くまで来たもんだ。

今でもほぼ毎日、かつての自分や人生を懐かしく思い出し、戻りたいと駄々をこねる自分を自分の中に感じます。

ですが、アウェイクニングのプロセスは、一度始まってしまったら後戻りはできません。

絶え間ない大きな変化の連続を、生きていかなくてはなりません。

自分の足で。

そこには、人間(エゴ)が求める安定はありません。

絶え間なく進歩・拡大し、成長し続けなければ、もはやいられないようになってしまったのです。

Ole Gabrielsen もインタビューの冒頭で言っていましたよね。

すごい変化の真っただ中だって。

私は正直、Ole くらいのレベルなら、もう変化の波を渡り切って安定して生きていると思っていたんです。

だけどその Ole ですら変化を通過している。

だから正直、こんなトピックスが立つとセンチメンタルな気分になります。

アセンションへようこそ!って手放しで歓迎はしてあげられない。

もっとも、今回の人生でアウェイクニングやアセンションを計画してきている魂であれば、全員相当の覚悟を持ってきているはずです。

次のレベルへ進む準備ができた魂です。

だからきっと大丈夫。

プロセスと自分の力を信じて、一歩ずつ進んでいこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら