【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

他者を頼ることと依存することは違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

「誰かを頼ること」と「相手に依存すること」は根本的に違います。

前者は、相手を頼りにしてお願いすること。

そこに信頼があります。

信頼とは相手を信じて頼ること。

相手を信じて頼ることはできるけど、相手の都合も尊重できます。

相手ができないときにはそれを受け入れることができる状態。

それに比べ後者は相手に依存していますから、相手がいなくなれば一人ではできませんし、「あなたなしでは生きていけない」状態になってしまいます。

相手の都合により受け入れてもらえないことがあると、逆恨みします。

ときどきこういう感情を「愛」だと勘違いしている人もいますが、愛ではなくて依存と癒着です。


冒頭の動画は、カモの親子が人間を信頼して助けてもらっている映像です。

生きとし生けるもの、助け合いをして生き延びています。

オールド・ソウルの癒しに必要なことの記事でも書きましたが、私たちはワンネスへ戻るためには、一度しっかりと依存と癒着を解消し、一人だけで立てる力を持つことが必要です。

依存と癒着は人間同士の間だけではなく、社会・世間・企業などの団体を相手にしても起こります。

世間や社会から離れたら生きていけないと思い込んでいたり、企業など何かに属していないと安心できないというのが依存と癒着です。

私たちは皆、魂の年齢や発達状態により立ち位置が違います。

若い魂の多くは社会や世間とくっついて安心感を感じるものですし、今回の人生ではそれをやりに来ています。

ですが、オールド・ソウルは今回の人生でしっかりとした自立をテーマとしてきていますから、そこをしっかりと超えていく必要があります。

オールド・ソウルと言えども一人で生きていけるわけではありませんから、他者を頼ることは必要です。

が、依存しているうちは前へ進むことができません。

依存と癒着から完全に解放されるためには、自分の中の傷と痛みをしっかりと癒すこと、内面をしっかりと統合することが必要です。

相手を信頼することと依存することの違いは明確にし、その上でジャーニーを進めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら