魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

怒りの解放の方法各種

フォーラムで怒りの解放の仕方が議題にあがっていました。

怒りは人間の感情の一つで、誰にでも備わっているものです。

喜怒哀楽と言われるように、自然な感情の一つです。

ですが私たちは幼少期より怒りは悪いものだと教え込まれ、怒りを表してはいけない、もっとひどい場合には怒りを持ってすらいけないと教えられます。

そのようにして存在を否定されて抑圧された怒りは、体内に蓄積していって最終的には鬱を引き起こします。

鬱病は適切に表現されずに抑圧され続けた怒りの最終形態です。


怒りを解放するにあたってこんなことを言っている人がいました。

「怒りの解放には身体的な表現が絶対不可欠」

私も同感です。

中には瞑想をして解放する、感謝に変えて解放する、呼吸法で解放するなどの回答も散見されましたが、私はそうした方法ではうまくいかないと思っています。

怒りのエネルギーとは爆発です。

外側に向かってほとばしっていくエネルギー。

その目的は破壊です。

そんな激しいエネルギーを体内にとどめたまま瞑想や感謝なんてしていても、エネルギーの磁場ではごまかせません。

爆発と破壊の外向きのエネルギーは外へ向けて発散される必要があるんです。

私が個人的に採用しているのはパンチングマシーンです。

ボクシングやキックボクシングで使うアレです。

楽天で6000円くらいで購入しました。

パンチングマシーンを部屋に常備して、怒りが触発されたときに怒りのエネルギーに繋がりながら滅茶苦茶にパンチを繰り出して発散させます。

去年の夏にはほぼ毎日パンチしていましたし、今でも使います。

怒りはため込まないこと。

安全な場所で安全に解放するしかありません。

他にフォーラムで見かけた解放の仕方で参考になりそうなものを載せておきます。

  • 枕やクッションをパンチする
  • 大声で叫ぶ
  • 滅茶苦茶に走る
  • ダンスする
  • 地面を蹴りつける

身体的な表現以外の発散方法としては、以前ご紹介した心理カウンセラーの根本先生プロデュースのお恨み帳がお勧めです。

恨みとは抑圧された怒りですから、積年の恨みを筆ペンを使って殴り書きにして最後はお焚き上げで仕上げるとスッキリするそうです。

興味がある方は検索されてみてください。

その他に日記をつけたりジャーナルをつけるのもいいと思います。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているエナジーワーカーです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ダウンロード

E-Bookのダウンロードはこちら★

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、このサイトのお問合せフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

クンダリーニレイキ更新情報

※ 手違いにより以前のメルマガを削除してしまいました。クライアント以外の方でご登録いただいていた方は、お手数ですが再度お手続きをお願いします。

アセンション通信メルマガ登録

ブログではシェアできないディープな内容や情報をお届けする不定期のメルマガです。ご登録はこちらからどうぞ★

アーカイブ

カテゴリー