アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

パンチャカルマ記録 その4 実際の28日間プランの内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2018年3月20日~4月16日の間、南インドのケララ州にて28日間のパンチャカルマを受けてきました。

パンチャカルマとは、アユールヴェータのデトックス・プログラムの名前で、消化器官をデトックスすることでリセットし、正常な機能に戻すことを目的としています。

あらゆる身体的不具合は消化器官の不具合からという理念に基づいた治療です。

28日間のクリニック滞在では、パンチャカルマの治療もさることながら実にいろいろなことがありました。

その記録をここで公開したいと思います。

私の28日間のパンチャカルマ

私は当初21日間の予定でインドへ行きました。

ですが、初日のドクターとのコンサルの結果、28日間に変更しました。

私の主な目的は以下の通りです

  1. 五十肩の改善
  2. カフェイン依存症からの脱却
  3. ホルモンのバランスを正常に戻す
  4. 皮膚の発疹の改善

3と4はつながっています。

治療方針としては

  • 準備期間 3日間
  • ギー摂取 5日間
  • デトックス 10日間
  • 回復期 10日間

というプランが組まれました。

治療ができない期間

スムースに行けばこの通りですが、途中で好転反応が出たり、生理が入ったりすると治療が中断します。

とくに生理期間中はトリートメントができませんから、女性の方はそれを見越してプランを立てる必要があります。

私は当初21日間の予定で、28日に延長したため、最後に生理にかぶってしまいました。

生理の日数によって、その分のトリートメント代(一日1000ルピー)は払い戻ししてくれます

準備期間3日間

最初の3日間は、パウダーマッサージを受けながら、体を徐々に準備態勢に移していきます。

私はこの間にカフェイン離脱症状が起こって、盛大な頭痛に見舞われました。

ですがこれが離脱症状だとわかっていたので、パニックにならずに済みました。

もちろん毎日ドクターに症状を報告して、インストラクションを仰ぎます。

カフェイン離脱症状については、何もできないのが実情です。

頭痛薬を飲むわけにもいきませんから、ただひたすら痛みを感じるのみです。

ギー摂取

ギーは本当に飲みづらかったです。

吐き気がします。

ギー

ですが吐いてしまうと最初からやり直しになるので、吐かないようにしなければなりません。

そこで吐き気が襲ってきたらこのパウダーを口に含んでしのぎます。

ギーをとっている間の食事はお粥だけです。

果物も、ココナッツもココナッツ・ウォーターも禁止です。

ただひたすらお粥だけ。

正直ひもじいですし、何かしっかりと味のあるものを食べたいと思います。

何日ギーを摂取するのかはドクターの判断になります。

そしてトリートメントもありません。

つまり、朝ギーを飲んだあとは、一日中何もすることがなく、ただひたすら庭を眺めて Present になるという日々になります。

そしてギーを飲んでいる間は外出も禁止。

体力が極度に落ちてきますから、必然的に激しい動きや行動はできなくなります。

早ければ4日で済む場合もあるようですが、私は肌の様子からしてもあともう1日飲みなさいと言われ、5日間飲みました。

最終的には量が 350ml まで増えましたから、かなりの苦行です。

デトックス期間

デトックス期間の最初の3日間は、スチームボックスへ入って発汗します。

ボックス・サウナみたいなものです。

その次の日には下剤を飲んで、腸のデトックスをします。

それから、デトックスのメインであるエニマ治療が始まります。

エニマ治療。

私は全部で8回(8日間)やりました。

正直・・・つらかったです(笑)。

パンチャカルマを受けに行くまでの私は、ジャンクフードを食べて毒素がたまっても、デトックスして出せばいいじゃん、と思っていました。

でも大きく考えが変わりました。

デトックスはしんどい!です。

最初から毒素は摂らない方がいい。

このデトックス期間がパンチャカルマではメインになります。

回復期

辛いデトックス期間を経て、いよいよ極楽の回復期です。

ここかららはリラクゼーションに軸をおいたトリートメントに切り替わります。

ハーブをコットンの袋に詰めて、ミルクとオイルに浸したもので肌をパッティングする治療や、シロダーラなど、それぞれに合わせた治療が組まれます。

この期間に排毒の症状である皮膚の発疹が出る人がとても多いです。

私も出ましたが、他のフランス人たちも出ていました。

肌は最大の排泄器官ですから、盛大に出る場合もあるようです。

私は最後の回復期に生理がかぶってしまい、3日間は治療ができませんでした。

3日でスッキリと生理が終わったので良かったですが、出血があるうちは治療は中止されます。

治療で使うハーブやオイル

すべて隣接の製薬工場で作られています。

ハーブやスパイスを石うすでひく場合もあります。

写真はセラピストのAちゃんが石うすでスパイスをすりつぶしているとことです。

翌日のトリートメントに使用します。

その5へつづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら