アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

ティール・スワンが語る「自分を信じる方法」その4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自己信頼感の高め方について、ティールスワンが2014年に発信した動画がありましたのでシェアしたいと思います。

壮大な内容ですが、各ステップはそれぞれとても重要で、いわゆるアセンションのプロセスそのものと言ってもいいかもしれません。

ヒント4:「間違う」ことや「失敗する」ことのリスクを取る

自己信頼感が低い人は、「リスクを取る」ことが大嫌いですし、「間違う」ことも大嫌いです。

彼らの自己価値感は、すべてを「正しく行う」ことや「正しくある」ことの中に根差しているからです。

ですがよく考えてみて欲しいのです。

リスクを取らないということは、それ自体がもうすでに「失敗」なんです。

私の例をお話します。

私は人生の一時期をスポーツ選手として過ごしていました。

プロのスキーヤーだったんです。

レースの前にはトイレにこもって嘔吐するのが習慣になっていました。

なぜなら、私にとって「レースで負けるかもしれない」ということは耐えがたい屈辱だったからです。

ある日、私はリフトに乗ってレース・ゲートへ向かっていました。

そこで気づいたんです。

私は今まで(負けるかもしれないと思って)棄権したレースは、すべて「負けていた」ことに。

これは私にとってとても重要な気づきでした。

自己不信感に苦しむ多くの人の参考になるエピソードだと思います。

私たちは、リスクを取らなければ失敗することもないと信じたいものです。

ですが真実はその100%正反対なのです。

リスクを取らないことを決めた時点で、それは100%失敗なのです。

人生の中でリスクを取ることは怖いことです。

ですが、自分を信じる能力を育てる一番効果的な方法でもあります。

リスクを取るには勇気が要ります。

そしてその勇気が自信を育むのです。

自分の潜在能力を開花させ、引いては自己信頼感を高めるのです。

忘れないでくださいね。

自分を信じることができるかどうかを見るためにリスクを取ることができないのであれば、自分を信じることは一生できないのだということを。

耳の痛い話ですが、私はティールに100%賛同します。

昨今の流れでは、ワクワクやドキドキと言った言葉が独り歩きして、自己実現とはあたかも楽しい一辺倒だけのような印象を与えています。

ですがそれは事実ではありません。

大喜びでリスクを取ることができる人などはいないと思います。

勇気をかき集めて、振り絞ってリスクを取る覚悟を決めること自体が、大きな成長をもたらす試金石そのものであるのです。

一重にその経験を積み重ねることだけを通してチャクラが強化されていきます。

リスクを取るということは、失敗することを自分に許すということです。

もっとも失敗などというものは最初から存在していないのですが、誰でも苦しい思いや痛い思いはしたくないでしょうから。

どうしたらリスクを取れるようになるのか。

残念ながらその答えは存在していません。

ただリスクを取ると決めて行動する以外にはないからです。

つづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら