アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

何かを決めることができずに迷っているとき、悩んでいるとき。

そういうときは、内面に分裂があるときです。

こういう状況ではエネルギーは停滞し、膠着状態で動きがありません。

例えば、今の仕事や職場は自分には合わないと感じていて、辞めて別の仕事を探そうとおもいつつも、なかなか踏ん切りがつけられない。

辞めたい自分と辞めたくない自分が、内面で葛藤を繰り広げている状態です。

その場合は、丁寧に2人の自分の言い分を聞き取って、お互いが納得のいく形で合意できる地点を探す必要があります。

ひとたび内面が一致して、辞めるなら辞めると決断すると、その時点でもう波動は変わっています。

迷っているときの波動と、内面の一致を果たして決断を下した後の波動では、明らかに違うのです。

さらに、辞意を職場へ伝えたり、新しい仕事を探すための行動を起こし始めると、一気にエネルギーが動いていきます。

ただしその時に、しっかりと自分のすべての面と向き合い、内面が一致していることが大切です。


私が26歳で香港へ行ったとき、香港で何をするあてがあったわけではありませんでした。

仕事が見つかった後もやっていける自信があったわけではなく、いつも不安で心細く感じていました。

波動的にはあまり高い状態とは言えません。

そんなときに、

「私、本当にやっていけるのかなぁ・・・」

と漏らした時に当時の友人が、

「やっていけるかなぁじゃなくて、やっていくんだよ」

と言ったことが忘れられません。

やっていけるのかなぁと心配している波動と、やっていくのだと決めたときの波動では、まったく違うのです。

「私は何があってもここでやっていくのだ」

そう決めてからの私は安定しました。

困難がなかったということではありません。

それでも「できるかなぁ?」と心配しているよりは、「やるのだ」と決めた方が肚は据わるのです。

今も同じですね。

自分の安全圏から外へ出るときは、不安や心配はつきものです。

それが無くなることなどはないのですから。

それをすべて引き受けた上で、やるしかないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら