アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私と LGBT

私は今まであまり LGBT について考えたことがありませんでした。

※ LGBTについてはこちらをご覧ください

10代の後半より今まで私が過ごしてきた環境が、LGBT に関して言えばかなりオープンな環境だったので、特別考える必要すらもなかった、という方が正しいのかもしれません。

改めて振り返ってみるに、親しくしている友人の中に LGBT は数名います。

とても仲良くしているゲイの子、仲間内にレズは2名、昔の同僚にもゲイが2~3名はいますし、陶芸の先生がゲイとレズでした。

初めて LGBT の人と親しく接したのは19歳のときで、当時アメリカでアパートをシェアした日本人の女の子がバイセクシュアルでした。

彼女はそのときどきで女の子と付き合っていたり、男の子と付き合っていたりしました。

彼女とはとても仲良くしていたので、今思い出してもとても懐かしい気持ちがします。

20代でアムステルダムに住んでいた頃、唯一親しくなった日本人の男の子がゲイでした。

二人でアムスのゲイバーに行ったこともあります。

彼はオランダ人のパートナーを頼ってアムスに来たのですが、途中で別れてしまって寂しいと言っていました。

私が15年暮らした香港も、LGBT に関して言えば相当にオープンな場所ですから、職場でも当事者に遭遇しますし、プライベートでもそういう方と普通に遭遇していました。

そんな感じで、考えてみるに、私にとって LGBT は常に身の回りにある普通のこととして捉えていた感があります。

つまり、私にとって LGBT とは何か特別なことではなく、例えば、あの人は白人、この人は黒人、彼はヒスパニック、私はアジア人、という違い程度の、極めて普通で自然なこととして捉えているのです。

私は長らく日本に住んでいなかったので、実は日本の実情はよくわからないです。ですが、少なくとも私の出身地の地元あたりで、 LGBT をオープンにしている人にはお会いしたことがないです。

いないことはまずあり得ないですが。

そう考えると、日本の田舎はまだまだ封建的で閉鎖的なんだろうな、と思います。

魂視点から見た LGBT

私は、LGBT の方たちは上級(アドバンス)の魂だと思っているんです。

肉体の性と内面のセクシュアリティが一致しない、あるいは両方あるといったケースでは、自己受容と自己愛のレッスンは必須でついてきます。

つまり、肉体の性と内面のセクシュアリティが一致しているヘテロ・セクシュアルの人に比べて、学びの内容が高度なんです。

以前聞いた話ですが、ハードルが二つある、と。

  • LGBT を自分で認め受け入れるとき
  • LGBT を周囲、とくに家族や親しい人にカミングアウトするとき

私は当事者ではないので想像することしかできないのですが、そうした少し高めのハードルを超えてこそ至る境地があるわけですし、そうした経験からしか学べないものがあるわけです。

チャレンジャーな魂なんです。

関連記事:ライトワーカーへ贈る言葉

優れた芸術性

ですからそうした魂には自然と敬意を抱きますし、私は彼らと接するのがとても好きなんです。

LGBT の方は繊細で芸術性の高い方がとても多いんです。

皆さん何かしら卓越した芸術的センスをお持ちです。

動物が好きだったり、陶芸、アート、音楽、写真、手芸等、秀でていらっしゃる方がとても多い。

私もそうしたことに関心も興味も強いので、一緒にいて楽しいんですね。

ライトワーカーは LGBT が多い

ライトワーカーに LGBT がとても多い理由も、ライトワーカーとして実地体験を積んで、様々な偏見・差別を超えたところにある人類愛を体現する役割を担っているからだと考えています。

そうなんです、ライトワーカーは LGBT がとても多いです、そして tattoo 率高いです 。

海外の YouTuber なんか見ていると、ゲイだレズだで皆さん tattoo バリバリ、ティール・スワンも tattoo たくさん入ってますね。

私は3つ入っています。

tattoo は自己表現の一環でもありますし、インディゴの魂が多いことも関係していると思っています。

(ライトワーカーはタトゥーを入れているべきだ、とか、はずだ、ということではありません。誤解のないように)

最後はおまけですが、今回は私が考える LGBT について書いてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら