魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

未熟な自我の現れ18のサイン その4

私が時々読んでるサイト「Loner Wolf」(一匹オオカミ)から記事をシェアします。

つい先ごろ投稿された記事です。

元記事はこちら

しっかりとした自我を確立することは、アウェイクニングにおいては絶対欠かせない要素で、それを基盤として全人格を再構築していくプロセスそのものがアウェイクニングになります。

自我=エゴなので、矛盾に満ちたパラドクスではあるのですが、防衛機能であるエゴを克服する(無くすのではなく)ためには、まずは健全な自我をしっかりと確立する必要があります。

記事の中でルナが解説しています。


2. 自分の好き嫌いや価値観を明確にすること

このワークをする際には紙とペンを用意してください。

頁を3つのコラムに分けます:①自分の好きなもの ②自分の嫌いなもの ③自分の価値観

好き嫌いのコラムに書くときには、自分の人生を振り返って、一番幸せだと感じたことと、逆に一番不幸だと感じたことを思い出してください。

対人関係の好みでも、どんな人が好きでどんな人が嫌いなのか、その特徴を書き込みます。

自分が憧れる人の特徴や、反対に自分が敵とみなしている人たちの特徴も書いてみます。

彼らの好きな部分、嫌いな部分はなんでしょうか?

それを書いていきます。

価値観のコラムには、自分に関して誇りに思う事、他者に対して尊敬を感じることを書いていきます。

例えば、気前が良い、寛容、正直、精神性が高い、限界を超えて進む姿、などがあげられるでしょう。

私たちの価値観は、魂からにじみ出てくる唯一無二のものです。

自分の価値観を発見するためには、以下のように自問する必要があります:

「自分や他者に関して、これだけは譲れない、どうしても持っていてもらいたい要素は何か?」

この質問がピンとこなければ、今までの人生の中で自分自身に対してもっとも誇りを感じた瞬間を思い出してみてください。

それはいつでしたか?

どんな素質を誇りに思っていますか?

3. 境界線をしっかりと引いて No と言う

自己主張をちゃんと出来るようになりましょう。

しっかりとした境界線を築くことで、社会の中で何は自分にとって許容範囲で何かそうでないかを明らかにしていくことができます。

そして、自分の生活の中で、安易に境界線を越えてくる人がいないかどうかにも注意しましょう。

自分の生活の中にいる人物全員に対し、このワークを行ってください。

その人はあなたを応援して励ましてくれますか?

それともあなたを貶めて辱めるようなことを言ったりしたりしますか?

その人といると疲れる、落ち込む、気分が滅入るというのであれば、関係を解消することも必要です。

不要な縁を切ったり、自分のルールを作って適用したり、No と言う事はあなたの権利です。

あなたの時間とエネルギーは限られています。

あなたのエネルギーを吸い取るような人とは付き合わないようにしなくてはなりません。

4. せわしなさをやめて、自分の内側にしっかりと繋がること

過労や忙し好きは、社会に蔓延している現実逃避の手段の一つです。

どういうことか?

人間がゴールを目指して努力しているとき、「生産的」であろうとしているとき、意識は自分自身から離れて常に外側の世界に向かっているのです。

社会の中でしっかりと仕事をすることは別に悪いことではありません。

ですが、自分に向き合うことを避けるためにスケジュールを埋めていないかどうか、ちゃんと自覚しましょう。

もしも常に何かをしていなければ落ち着かないのであれば、生活を一時的にでもシンプルにすることを心がけてみましょう。

不必要な活動はすべてキャンセルし、どうしても必要なこと以外はしないようにするのです。

残った時間はすべて自己探求のために使うのです。

マインドフルネスや瞑想をするのもいいでしょう。

マインドフルネスは Present にあなたを戻す効果があります。

マインド、ハート、身体が感じていることに意識を戻してくれます。

瞑想は思考に意識を当てる効果があります。

私個人としては、いつも忙しがっている人は苦手です。

もちろん中には、様々な事情で本当に忙しい方もいらっしゃいます。

特にアセンションが始まってしまうと様々なものが押し寄せて、大変になってしまう方は多いです。

ここで言う「忙しい」はそういう類のものではなく、不必要な事柄や会話で時間を埋め尽くし、「忙しい自分に酔っている」節が見受けられる人たちのことです。

私が20代~30代のときには、周りにそんな人たちが大勢いました。

「忙しい」が口癖で、大変で仕方がない風ですが、逆にスケジュールが空くのは耐えられず、常に何かしらをしようとしています。

仕事がまったくないとき、何もせずボーっとしていることに耐えきれず、何かしらやることを創っては取り組むのも、何もしていないときに湧き上がってくる無意識の感情と感覚に耐えられないからです。

「生産的なこと」を全くしない自分に価値が感じられず、自己否定、自己価値観の低さ、もろもろが刺激されて居たたまれなくなるのです。

少しでも「何か」をしているなら安心。

ここに取り組む必要のある課題がありますよね。

つづく

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているエナジーワーカーです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ダウンロード

E-Bookのダウンロードはこちら★

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、このサイトのお問合せフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

クンダリーニレイキ更新情報

※ 手違いにより以前のメルマガを削除してしまいました。クライアント以外の方でご登録いただいていた方は、お手数ですが再度お手続きをお願いします。

アセンション通信メルマガ登録

ブログではシェアできないディープな内容や情報をお届けする不定期のメルマガです。ご登録はこちらからどうぞ★

アーカイブ

カテゴリー