魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

未熟な自我の現れ18のサイン その6

私が時々読んでるサイト「Loner Wolf」(一匹オオカミ)から記事をシェアします。

つい先ごろ投稿された記事です。

元記事はこちら

しっかりとした自我を確立することは、アウェイクニングにおいては絶対欠かせない要素で、それを基盤として全人格を再構築していくプロセスそのものがアウェイクニングになります。

自我=エゴなので、矛盾に満ちたパラドクスではあるのですが、防衛機能であるエゴを克服する(無くすのではなく)ためには、まずは健全な自我をしっかりと確立する必要があります。

記事の中でルナが解説しています。


8. 自分の情熱を追求する

あなたが一番ドキドキ感じることは何ですか?

自分が生き生きと感じる瞬間はいつですか?

どんな活動をしているときが一番楽しいですか?

自分が情熱を感じることを追求することで、しっかりとした自我を形成するための「個性化」のプロセスを通過することができます。

自分がのめり込むことができる趣味やスキルがあるかどうか注意してください。

こうした活動に従事することを自分に許し、導かれるままに委ねるのです。

※ ここで一番初めに出てくるブロックが「それでは食っていけない」というお金の算段だと思います。ここを乗り越えることができるかどうかが分かれ道ですが、当面は経済的に苦しい思いをするかもしれなくても、それが本物の情熱であればいつか必ず花開くことを信じて進めるかどうかがポイントです。お金になるならないはとりあえず横に置く。

9. 反抗心を持つ:すべてを疑う目を持つ

カール・ユングは言いました:

「私は「崇高な人」を慎重に避けた。なぜなら、私は自分の真実を掴みたかったから。誰か他の人物の言う事を鵜呑みにして自分で考えることを放棄したくはなかった。自分の人生は自分で創らなくてはならない。そのためには自分の中の本当の自分、もしくは自分のエッセンスに繋がる必要があった。」

これが健全な意味でしっかりとした自我を確立することの真髄です。

健全な自我を持つとは、自分の感覚と自分だけの真実を信じる力を養うこと。

自分の声を聴く力を養うことを指すのです。

自我をしっかりと確立して自分を生きるためには、たとえそれが目上の人であろうと、自分のメンターであろうと、世界的に有名なスピリチュアル・ティーチャーであろうと、盲目的にすべてを受け入れるのではなく、常に自分の感覚を確認することがとても大切です。

宗教に敬虔であったり、根が従順であったりすると、なかなかできないことなのですが、自分を生きるためには一番必要なことです。

反抗的でアナーキーな人の方がリーダーに適しているのはそのためですね。

自分をしっかり持っている人は強いです。

アセンションは自分を確立していく壮大なプロセスそのものですから、特に意識的に取り組んでいきましょう。

(完)

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているエナジーワーカーです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ダウンロード

E-Bookのダウンロードはこちら★

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、このサイトのお問合せフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

クンダリーニレイキ更新情報

※ 手違いにより以前のメルマガを削除してしまいました。クライアント以外の方でご登録いただいていた方は、お手数ですが再度お手続きをお願いします。

アセンション通信メルマガ登録

ブログではシェアできないディープな内容や情報をお届けする不定期のメルマガです。ご登録はこちらからどうぞ★

アーカイブ

カテゴリー