魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

アセンションの時代におけるパートナーシップ考察

アセンションの時代におけるパートナーシップについて、私なりの見解を書いてみたいと思います。

今の時代にパートナーシップが担っている役割は、双方のカルマの解消と魂の癒しと浄化だと思います。

ここはほぼ間違いがないと思うのです。

深い心の交流が発生する人間関係においては、どうしても自分の中の闇が出てこざるを得ません。

本物のパートナーシップでは、お互いがお互いの傷を刺激し合い、癒される必要のある痛みはすべて浮上しますし、自分たちが抱えているカルマ、抑圧している感情など、ありとあらゆる闇(のように見える物)が噴出してきます。

それに飲み込まれることなく、十分な Presence を保った状態で果敢に取り組める準備ができたパートナー同士であれば、とても速いスピードで魂の癒しと浄化を進めていくことができます。

また、本物のパートナー同士はお互いのディヴァイン(聖なる部分)を映し出す鏡でもありますから、双方の凸凹を統合することにより、お互いがより全体的にバランスの取れた存在になることを促すものでもあります。

心の傷や痛みを感じることを回避するために、深い心情の交わりを避けているパートナーシップは表面的な関係にならざるを得ませんし、お互いが相手に対して本心を隠しているので、心と心の間に壁ができます。

そうしたパートナーシップは表向きは円満に見えるかもしれませんが、実態は心の離れた者同士が繕っている関係です。

古い時代ではそうしたパートナーシップが普通にありましたし、それで一生終えることもしごく普通でしたが、今アセンションの時代においてはそうした表面的な関係はもはや維持できないところまで来ていると私は感じます。

私は最近、「伴侶」という言葉にも大きな違和感を感じるようになってきています。

人生のある時点でいわゆる「伴侶」を得て、その後の人生をその相手とだけ添い遂げるという発想や雛型は、もうずいぶんと古いもののように感じます。

さらに言えば、「結婚」という制度も前世紀の遺物のようにすら感じています。

そうした社会システムは、人間が便宜上創り出したシステムに過ぎず、それが一番人間を御しやすいシステムだから採用されていたのに過ぎません。

ですが今の時代は、皆目覚めてきていますから、早晩こうした古いシステムは破綻していく流れだと私は思っています。

もちろん、結婚することで得られるメリットがあったり、その方が便利だからという理由で結婚することはあると思います。

その方がいろいろと社会的、国的に優遇される場合(古いシステムに基づいて)などですね。

ですが、結婚しているしていないことが問題となるような社会の在り方では、もはやなくなっていますよね。

そしてそうした古いシステムに紐づいて形成されてきた価値観、モラル、社会通念も、今や役に立たないものとして、打破される必要があるものだと感じています。

私は20年前にほんの少しだけオランダで暮らしたことがあるのですが、当時からオランダでは結婚という形態をとらないカップルが大勢いました。

異性同士のカップルのみならず、同性愛のカップルも普通にいましたし、結婚というシステムを選ぶか選ばないかは、完全に個人の自由という風潮でした。

20年、30年と連れ添って、子供がみんな巣立った後に区切りとして結婚するカップルもいます。

人と人との縁や絆は、法律や契約書や観念では縛れないものであると、私たちはいずれ気づく時が来ると思います。

この地上で、魂の繋がりがある相手と巡り合えることは、人間としての経験の醍醐味の一つです。

一定期間を共に過ごし、お互いの魂の進化と拡大を助け合いながら歩めることも素晴らしいことです。

ですが、いずれ自然と足並みが揃わなくなるときが来れば、それが潮時です。

また新たなステージへと進むタイミングであるということです。

今は変化のスピードが速いですから、たったの半年や一年でも自分や相手が変化していくことは珍しくもありません。

その時々で感じ方も変わっていきます。

その時に、マインド(頭)に刷り込まれた価値観や社会通念やモラルに縛られるのではなく、自分の身体を通してハートが訴えかけてくることを聞くことが一番大切です。

前の時代のようなパートナーシップの発想は、今や必要ないと私は感じています。

自分にとって何が真実であるのか、アップデートは常にしていきたいと思います。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているエナジーワーカーです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ダウンロード

E-Bookのダウンロードはこちら★

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、このサイトのお問合せフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

クンダリーニレイキ更新情報

※ 手違いにより以前のメルマガを削除してしまいました。クライアント以外の方でご登録いただいていた方は、お手数ですが再度お手続きをお願いします。

アセンション通信メルマガ登録

ブログではシェアできないディープな内容や情報をお届けする不定期のメルマガです。ご登録はこちらからどうぞ★

アーカイブ

カテゴリー