アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

前世から持ってきたテーマとカルマについて

多くの方とのセッションを通してお話を伺ってくる中で、最近私の中で二つのことがとてもクリアになってきました。

それは、私たち一人ひとりが携えて来ている:

  1. 前世(直近の過去生)からのテーマ
  2. カルマ

についてです。

この二つの内容を知ることは、それほど難しいことではありません。

その方の幼少期のお話や、人生で起きた様々な出来事のお話を総体的に伺っていると、必ず一つは出てくる「その方のテーマ」的なものがあります。

多くの場合、私は最初そのテーマを「キーワード」として認識するのですが、それはその方が繰り返し強調する「言葉」です。

ある方にとっては「虐め」「村八分」「仲間外れ」、ある方にとっては「洗脳」「マインドコントロール」、またある人にとっては「捨てられる」「見捨てられ」などです。

人によって違うこのキーワードを辿って幼少期へ遡ってお話を伺うと、十中八九そこで前世において未昇華となっている感情の原初体験(トラウマ)を再現するための初期設定が行われていることが分かります。

初期設定は大抵の場合において5歳までに行われています。

未熟児で保育器に入れられた、生まれてすぐに手術をした、幼少期に親から引き離された時期があった、病気で長期入院した、車の中に置き去りにされたことがあった、etc

こうしたことは、大きなことから小さくて些細なことまですべて初期設定です。

そこにある感情を丁寧に紐解いていくと、その方特有の人生のテーマが浮彫になります。

一方、人生の中で経験している理不尽な体験、自分の力ではどうにもできない状況や環境で経験していることを紐解くと、その人の持っているカルマが分かります。


人生のテーマやカルマが浮き彫りになることは素晴らしいことだと私は感じています。

というのも、内容がわからなければ対策のとりようもないからです。

大方の場合は今回の人生のテーマも、カルマもよくわからないまま、無意識に一生を過ごして、気づかないままに新たなカルマを生み出し、それを次回の人生へ繰り越していくということが行われています。

自分の人生のテーマ(課題)とカルマの種類が浮き彫りになれば、どうやってそれを解消すればよいのかという具体的な対策とやり方を考えることができます。

そして、それは多くの人が考えるほど難しことでは決してないのです。

人によっては、私が話すその内容を聞くだけで、身体の芯が緩んでリラックスしていくのを感じられることもあります。

エネルギー的な緊張感がほどける瞬間です。

11月に起ち上げたSAPのセッションの中では、そうした内容を詳細を踏まえてお話をしています。

取り組む必要のある具体的なタスクが明らかになるので、一つひとつタスクを現実生活の中で処理しながら日々を過ごし、その変化について実感することができます。

早い方では2回目のセッションまでで人生のテーマや繰り返されているカルマという深いレベルの癒しとヒーリングに進まれ、前向きな取り組みが行えるまでに進まれている方もおられます。

カルマについては:

  1. カルマ的な設定やシチュエーションの中で経験したすべての感情を癒し、解放し、昇華しつくすこと
  2. 今生において、カルマの連鎖から足を洗うことを自らの意志で明確に宣言すること
  3. その決意通りに今後の人生を生きること

を行うことで負のサイクルからの脱却を行います。

※ 負のサイクルから卒業すると自分の意志を持って選択できる人しか卒業することはできません。自由意志が最大限に尊重されます。まだ感情的なシコリや囚われを手放したくない、固定観念を手放したくない等さまざまな理由により、カルマを卒業しないことを選択する魂もいます。どういうペースで進むかは完全に個人の自由に委ねられています。

個別セッションでは以前からお伝えしてきた内容ではありますが、SAPでは具体的な方法ややり方をお伝えしています。

日常生活の中で現実的に取り組めるタスクで、しかも効果のあるものでなくては意味がないからです。

セッションを受けていただいた方から頂いたご感想を一部シェアします:

それから、(カルマを手放す)宣言も致しました。

1回めくらいから肩周りの緊張がほぐれて、何か背中あたりからボロボロボロボロなにかが山ほど出ていくようなイメージがありました。

2回め、3回めともどんどこ何かボロボロ山ほど何か排出されていくようなイメージが続き、気持ち胸と鳩尾の間か胸よりあたりにゴルフボール大の重みを感じたのですが・・・(中略)

(カルマを手放す宣言の儀式を行った後)

胸周辺の重さとちょっと対話してみたら、「今まで苦しかった」といって涙ぐんでいました。

胸は暖かかったのでそのまま受け止めました。

それから、何かものすごい勢いで身体を構成する何かが書き換わってる感覚があって、怖くはなかったのですが不思議でした。

それがひと段落したあと、急に胸が熱くなって涙がこみあてげきて、勝手に両手が顔を覆って大泣き始める自分の頭を受け止めてました。

「ああ、もう戻れないんだ」と体全体で理解した瞬間でした。

ボロ泣きです。

カルマは深いテーマで、この記事だけでとうてい全貌は書ききれませんが、カルマを引きずりながら転生を繰り返すことが人間の本望でないことだけは確かです。

5D意識の世界ではカルマは存在し得ません。

カルマは3D特有の現象なのです。

参考記事:意識の周波数が上がってくると経験する変化

いずれ、私たち人間が全員5D意識へとアッセンドすれば、この地上から戦争、搾取と貧困、虐待、身分制度や奴隷制、カルトや宗教を使ったコントロール、飢えなど、カルマ的な現象は無くなります。

この辺りのことは、ドロレスが動画の中で語っていました。

SAPは現在試験的にモニター運用していますが、当初私が予測していたよりもはるかに深いレベルでの癒しとスピード感でプログラムが進行するように感じています。

ある程度まで準備ができた方であれば、確かな成果が出せる手ごたえを感じ始めています。

まだ試験中で10週間は経っていませんが、経緯を踏まえながら内容の改訂を重ねる予定です。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

完全に自己一致を果たし、自分と一致した人生を生きられるようになるためのマンツーマン・メンターシップ・プログラム

オンライン講座

各種E-Bookダウンロード

☆各種E-Bookのダウンロードはこちら

ショップ

【音声】友達が減っていく現象

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら