【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

アセンションと大学受験はほとんど同じ

何年か前から私はアセンションを大学受験に喩えて話すことがあります。

大学受験を決めて目標の大学へ入りたいというのであれば、たとえどんな手段を使ってでも、自分の学力・実力を合格ラインまで上げる必要があります。

有名講師のいる予備校へ入る、売れている参考書を使う、家庭教師をつけるなどは、学力を上げるためのツールであり、それをしただけで自動的に学力が上がるというものではありません。

ツールを使いこなして学力を上げて実力をつけてこそ、試験に合格することができるのです。

学問の神様へお参りに行く、お守りを買う、瞑想をする、ヴィジュアライゼーションをする、集中力を上げる効果があると言われる水晶を身に着ける、パワースポット巡りをする・・・

こうしたことは、気分転換にはなるでしょうし、一時的に気分が晴れて良い気持ちにはなるかもしれませんが、そればかりをしていても肝心の受験勉強をしていないのであれば、いくらやっても学力は上がらないでしょう。

一番重要なことは、しっかりとした基礎学力を身に着けて、試験に合格できるだけの実力を磨くことなのです。

時には休みも必要だし、息抜きをして気分転換することももちろんあります。

ですが、ちゃんと勉強することが基本であることには変わりがありません。

「勉強なんて疲れることはしたくない」

というのであれば、やらなくても構わないのです。

ただ、それの結果は自分が受ける、その責任の所在さえハッキリしていれば何も問題はないのです。

やるだけのことをやった上での不合格であれば、それは仕方がありません。

受け入れるまでのことです。

アセンションもこれと何ら変わりありません。

情報を沢山読み漁り、瞑想をし、水晶や石を集め、沢山のツールを身に着けたとしても、それらを活用して「受験勉強(ワーク)」をして実力を上げて行かなければ、アッセンドしないのです。

インナーワークとは内観と訳されることが多いですが、内観とは自分自身を振り返って頭の中で分析することを指すのではありません。

しっかりと自分の身体に繋がり、感情を解放してプロセスし、自分自身のコアと繋がり、自分だけの真実を解き明かす作業のことを指すのです。

その結果、何年もかけて徐々に本当の自分へと回復していくのです。

その作業せずして、ただヒーリングを受けていたり、頭の中で思考をひねくり回していても、エネルギーは変化していきません。

私の提供しているサービスの中にはメンターシップ・プログラム(SAP)がありますが、アセンション専門のトレーナー的な役割をするものです。

クライアントが躓いている点を見極めて精査し、どうすればそこを解消して前へ進んでいけるのかを鳥瞰的な視点から考察し、必要なタスクを提案する役割です。

3D的な思考回路にはまり込んで抜け出せないときには、思考回路を解体して新たな視点から考察できるようなアドバイスを行います。

不要な価値観と感情を精査し、手放すための具体的な方法をお伝えします。

ですが、私がクライアントをアッセンドさせてあげることはできません。

あくまでも本人次第なのです。

瞑想するだけ、レイキを使うだけ、マントラ唱えるだけでアッセンドできるのであれば、今ごろ地球はアセンション完了しているだろうという話なのであって、現実はそうなっていませんからね・・・。

アセンションとは、つまるところ自分のエネルギーに繋がって、それを使って生きることができるようになる壮大なプロセスのことを指すのです。

あくまでも、自分の力次第ということです。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら