魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

【アセンション症状】ありのままを受け入れることの大切さ 再び

12月21日は冬至に満月被っていまして、相当キツイ思いをした人が多かったようです。

エネルギー的には相当大きなシフトがありました。

意識上でのクオンタムリープを果たした方も多かったと推察いたします。

私は例年に比べればマシで、腰痛と眼精疲労が悪化した程度で済みました。

フォーラムでは冬至のことを知らずに過ごしていて、いきなりエネルギーが上へ上がってスペース・アウトしてしまって驚いた人や、身体的な痛みや倦怠感が噴出した人がいたようです。

今回は、アセンションのプロセス全般を通して体験する心理的・肉体的なしんどさや辛さについて書いてみようと思います。

一番大切なことは、いつも書いているようにありのままを受け入れること

なんでもそうなのですが、ありのままの現実を受け入れることは、常にポジティブでいることや、常に気丈に振舞うことよりも大切です。

こういうときに、「平気なフリ」をすることは本当にお勧めしません。

心や身体は自浄作用が優れています。

身体は寒ければ震えて体温を上げるように促しますし、身体的な不具合があれば痛みを発して対応を迫りますし、疲れがたまっていれば身体を重くして休養を促します。

私たちはそれを敏感にキャッチして、しっかりと対応する必要があるのです。

身体の声をしっかりと聴いてそれに従って必要なものを与えること。

痛み止めを飲めば、一時的に痛みは感じなくなるでしょうけど、根本原因が解消されたわけではありません。

身体が痛みを発するからには何かしらの原因がかならずあるのです。

そこに意識を向けてエネルギーの捻じれを解いていくことが必要なのです。

心も同様です。

ストレスが溜まればイライラして対策を促しますし、されたら嫌なことは嫌、悲しいことは悲しいとしっかりと感じることによって、自分を健やかに保つことを促すのです。

エネルギーシフトに際しては、心理的・身体的共に様々な不具合が表面化しやすくなります。

ますはそのありのままをしっかりと受け止め受け入れることです。

そして自分を大切にし、少しでも過ごしやすいように対策を取ることです。

痛みを我慢したり、疲れているのに無理をして運動などしてはいけません。


人間にとって何が一番害悪かと言えば、「フリをする」こと・・・つまり、自分に嘘をつくことなのです。

動物や植物は常に Prensece な状態で生きていますから、自分に嘘をつくことはありません。

常に純粋な状態で生きています。

罪の意識、恥、劣等感、自責・他責、批判、あるがままを否定することなどは、本来の自然の世界には存在しないエネルギーなのです。

人間だけがそれを取り込んでしまっています。

今、私たちはそうした不要なエネルギーをどんどんと手放していますから、その妨げになるような価値観や観念も見直す必要があります。

大丈夫でないときに平気なフリをする、本当は許せないのに許したフリをする、あるいは許せない自分を責める、本当は感謝なんてできないのに「しなくちゃいけない」から感謝する「フリ」をする。

挙げて行けばキリがないですが、これは Authentic ではありません。

言葉って便利なんです、普段使っている言葉の中に「感謝しなくちゃ」という言い回しが出て来たら、それは「本当は感謝できないし、していないんだけど、しなくちゃいけない案件だからしている」という意味なのです。

その部分に対して赤裸々に正直になることが Authentic です。

「感謝できない自分を責める」のではありません。

「感謝できない自分」でよいと、ありのままの自分を受け入れて愛すことが必要なのです。

アセンションとは、清廉潔白な尊い人になることではなく、本当のありのままの自分を受け止め・受け入れることを通して、本来の素のままの自分へ戻っていく過程のことです。

朝起きたらスッキリと目を覚まし、ヨガを一時間やって身体のデトックスをし、瞑想してエネルギーを整えてから一日を始める・・・健康によい軽めの食事を心がけて、常にポジティブな思考を思いめぐらせ、他者を大切にし感謝しながら心穏やかに一日を過ごす・・・

そんな絵に描いたような理想形のアウェイクニングばかりなら良いのですが、現実はもっとシビアです。

自分のスピリット・マインド・ボディのすべてが大変容を遂げようと変化している真っ最中なのですから、あちこち不具合が出てくるのが自然なのです。

こういう絵に描いた餅的な理想像を握りしめている限り、等身大の自分を受け入れることはできないでしょう。

そしてその結果として、劣等感や自己否定感、自己嫌悪が募っていくばかりとなります。

本物の感謝のエネルギーの入らない「ありがとう」をいくら唱えても効果はありませんし、身体が苦しいときに無理をして大丈夫なフリをしたり気丈に振舞っても、本当の自分はハッピーにはなりません。

またぞろ着ぐるみが膨れ上がっていくだけです。

そして、ありのままの自分を受け入れることができなければ、他の誰のことも受け入れることはできません。

いつも書いていることと同じですが、そこ基本ですから、外さずに押さえていきましょう。

久々、根本先生の記事シェアしておきます。

ほんと、この通りだと思います。

別れてから9ヵ月経つのですが、彼を忘れられない自分が小さく、ダサいと思ってしまいます

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ダウンロード

E-Bookのダウンロードはこちら★

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、このサイトのお問合せフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

クンダリーニレイキ更新情報

※ 手違いにより以前のメルマガを削除してしまいました。クライアント以外の方でご登録いただいていた方は、お手数ですが再度お手続きをお願いします。

アセンション通信メルマガ登録

ブログではシェアできないディープな内容や情報をお届けする不定期のメルマガです。ご登録はこちらからどうぞ★

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら