魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

意識を向ける先を正反対に変える

私たち人間は、無意識で生きている間はずっと、意識が外側へばかり向いています。

毎回下手くそな絵ですみませんが・・・

ざっとこんな感じで・・・常に「自分以外の何か」に意識が向かっている状態にあります。

「自分以外の何か」を変えたり整えたりすることで、自分の感じ方が良くなる、気分が良くなる、自分が幸せになる、という意識で生きているわけです。

なので、外側の世界を整えることばかりに意識が向いています。

アセンションのプロセスが始まると、必然的に意識は自分の内側へ向かわざるを得なくなります。

自分の感じ方や気分、幸不幸を左右しているのは、外側の世界にあるものではない、もともと自分の内側にあるものなのだという気づきを得て、内面の整理と統合に着手し始めます。

たとえば、突然仕事をリストラにあった人はひどく落ち込むかもしれません。

その時に感じている感情や気持ちがあるはずです。

リストラにあったからそのように感じるのではなく、もともとその感情が自分の内面に抑圧されていたので「リストラという出来事」を引き寄せて、その感情を解放しようとしているのです。

そこにさえ気づければ、あとはしっかりと感情を感じて癒し、解放する作業を行うだけのことです。

外側の世界でこれくらいの衝撃を与えないと、内面に抑圧している感情が表面化しないのです。

大病を患う、事故に巻き込まれる、トラブルが発生するなども同様です。

自分の内面に溜まっている感情エネルギーを解放するために起こっている出来事ですから、意識を向ける必要がある先は外側の世界ではなく、自分の内面世界なのです。

  • 自分はどうしてこういう感じ方をするのだろう?
  • 自分はどうしてこういう反応をするのだろう?
  • 自分が苦手なものは何だろうか?なぜそれが苦手なのか?そこで味わっている感情体験は何?
  • それを初めて経験したのはいつだろう?
  • その時に自分は何を決めたのだろうか?

こうした自問自答を繰り返しながら、自分の内面を深く探求することによってのみ、自分の内面の整理と統合は進んでいくのです。

「意識的に生きるなんて疲れることできない」

という方もいらっしゃいます。

「掘り下げたくない」

という方もいらっしゃいます。

それはそれ、いずれいつかの人生で取り組むことになると思います。

自分の内面に対して無意識な人は、驚くほど混とんとした意識で生きています。

自分の言動パターンや、衝動の根底にある本当の動機に対して完全に無自覚です。

「なぜかはよくわからないけど、こう感じる、こういう衝動がある」

といった具合で、言動を意志の力ではコントロールできません。

潜在意識のプログラムの威力はそれほどすさまじいのです。

機能不全のパターンから抜け出して健全な取捨選択ができるようになるためには、潜在意識を浄化してプログラムを一つずつ解除していく必要があります。

ここではやはり、自分の内面を精査するという王道を行くのが良いと思います。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ダウンロード

E-Bookのダウンロードはこちら★

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、このサイトのお問合せフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

クンダリーニレイキ更新情報

※ 手違いにより以前のメルマガを削除してしまいました。クライアント以外の方でご登録いただいていた方は、お手数ですが再度お手続きをお願いします。

アセンション通信メルマガ登録

ブログではシェアできないディープな内容や情報をお届けする不定期のメルマガです。ご登録はこちらからどうぞ★

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら