【アセンション専科】魂を癒して解放するために

menu

Heal Spirit

Check all your relationships

Some are not soul connections

They are attachments you’re created

to fill in a void in your soul left by low self-esteem,

lust, fear, and loneliness

The current shift requires elevation

in self-love before you find love.

すべての人間関係を見直しなさい。

ほとんどは、ソウル・コネクションではなくて、

自尊心の欠如から魂の中に生み出された空虚感を埋めるための

渇望、恐れ、寂しさ故の愛着や執着にすぎない。

現在進行中のシフトを乗り越えるためには

自己愛を育む必要がある。

そして、ようやく本物の愛を見つける。


シフトが佳境に入ると、今までの人間関係はどんどんと崩れていきます。

今までどれほど表面的な関係を保つことに終始してきたのかは、本当に驚くほどです。

が、今までそのことにすら、まったく気づかずに生きてきた。

私自身、表面的にうまくやって、お互いに「平気なフリ」を装って、悩みがあっても頑張って生きるのが偉いような、そんな薄っぺらい関係が沢山あったと思います。

本物の自尊心がなければ、自分にはそんな薄っぺらい表面的な人間関係はふさわしくないのだと思えず、たとえどんなに虚しい関係でも死守したいと考えてしまう。

そんな関係などいらない、私は本物だけを選ぶと言えず、ズルズルと繋いでいく嘘物の関係でした。

その根底には一人になりたくないという恐れがある。

人は一人では生きていけない

それはそうでしょうけど、だからといって、ソウル・コネクションではないカルマ的な関係はもう要らないのです。

この言葉に縛られて、自分を自由にできないのであれば、それは本末転倒だと思います。

完全に一人であることを受け入れて乗り越えた人だけが、一人であることの自由を得ることができるし、そこから本物の愛を見つける旅へと向かえると思う。

本物の愛とは、寂しさや満たされなさ、自信のなさや劣等感、内面に感じる不安や恐れ、空虚感からではなく、真に平安なコアから湧き上がる自分との繋がりを通して世界と繋がる在り方のことです。

相手に対して執着することなく、相手を自由にしてあげられるだけの強さ、相手を行かせてあげるだけの強さ、相手の人間力を信頼して手出しせずに見守れるだけの強さが必要になる。

相手と離れられない、相手なしではいられない、相手につい口出ししてしまう、相手に自分を満たしてもらいたいのは愛ではなくて欠乏です。

今進行中のシフトは、愛以外で繋がっている表面的な関係をすべて炙り出すように作用しています。

しっかりと自分と向き合って、この関係は愛なのかそれとも欠乏なのか、ハッキリと問いかけることです。

去年だけでも相当数の関係を解消した私は、今の時点でこれからも繋いでいきたいと思う関係は二人しか残っていません。

あるいは、何度も修羅場をくぐった後で、ようやく本物の人間対人間の関係へシフトしつつある関係もある。

体当たりでぶつかっていけば、答えが出るものもあります。

だけどすべての関係がそうであるとは限らない。

いずれにせよ、今までのような事なかれ主義や、表面的な仲を保つために争いを避けるようなやり方は、もう通用しないということです。

中に隠されている膿は、遅かれ早かれ露呈します。

そしてそれは、必ずしも悪いことではないのです。

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

2018年5月バリ島にて

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

パートナーシップ・コーチング・プログラム(PCP)

♡パートナーシップを通して魂の癒しを進め解放する10週間のコーチング・プログラム♡

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

ショップ

Etsy でのお買い物の仕方が分からない方は、こちらのフォームからご連絡いただければご注文をお受けします。

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら