アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

離婚という選択肢を常に持つことが夫婦関係を良好に保つ秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

珍しく夫婦ネタについて書きます。

今私たちはアセンションの時代にあり、結婚や夫婦関係に関する認識や意識が急激にシフトしている流れの中にあります。

従来の価値観や認識では、もはややっていけない局面に差し掛かる人が大変増えていると感じています。

今までは、人生の早い部分で恋愛関係や友情関係を経験し、ある時点で「人生の伴侶」を見つけ、その人と婚姻関係を結ぶことで、この先は「パートナー選び」という事に関しては心配しなくてもよいのだという認識のもとに、人生を構築していたように思います。

「添い遂げる」という概念も、そうした認識のもとにあるものであるように思います。

ですが、それゆえに発生する癒着・甘え・依存・抑圧・支配・束縛・我慢があることは、あまり取り上げられてこなかったように思います。

だからと言ってそうしたものがなかったわけではなく、歴然とあったにもかかわらずしっかりと向き合うことを避けて、「夫婦はどこもそんなもの」という通念的なもので蓋をしてやり過ごすケースが多いのだと思います。

こと夫婦関係においては、常に離婚の選択肢を残して置くことが、夫婦関係を良好に保つためにはとても重要だと私は考えます。

夫婦とは、結婚さえしてしまえば安泰ということではありません。

「相手は何をしても自分から離れていかない」という思い上がりが、夫婦関係を破綻に導くことはよく知られたことです。

夫婦とはもともと他人同士でお互いに別の人格を持った別の存在ですから、そこにちゃんとした境界線があるのが自然なのです。

その境界線が曖昧になり癒着状態が極まっていると、もはや健全に機能することはできなくなります。

常に離婚という選択肢があることを意識していれば、自然と相手も自分も尊重した言動になりますし、お互いの境界線をしっかりと保ちながらも、必要な部分で心を一致させて二人で「共に歩む」ことができるようになります。

私が大切だと考えているのは、「添い遂げる」ことを目標として、自分の本心や本音に蓋をしないことです。

忍耐を美徳と考える日本では、辛い状況でも「健気に耐えている」自分を美化する傾向があると思います。

「足るを知る」ことで現状に満足しようとする人もいます。

ですが、その実態は自立してないが故の甘えと依存と癒着と、自尊心の欠如です。

自分一人で立つことができない故に、相手から離れられないことや相手にしがみつくことを「愛」だと主張します。

こうした状況は、離婚という選択肢を常に意識することで、ある程度は回避できるものだと思います。


アセンションが始まってしまった人の中には、パートナー(伴侶)との足並みがそろわなくなってしまって事実上関係は破綻しているのに、結婚生活にしがみつくあまり決断を下せない人たちも多くいます。

どのような決断を下すかはその人次第ですが、「離婚してはならない」という思い込みは、自分も相手も縛り付けるだけで、それを手放せない限りは苦しみが継続します。

この場合、離婚することを自分に許すことで解放され、事態は打開できます。

今の時代のパートナーシップとは、単に長く続けば良いというものではなくなってきています。

一人ひとりの成長ペースが速まっていますから、一年前の自分と今とは別人くらいに変容していることもあり得るのです。

そうしたときに、パートナーとは合わなくなってしまうことは大いにあり得ることなのです。

意識を十分に開き、可能性を限定しないことが大切だと思います。

自分がしがみ付いているものが、自分を幸せにすることなのか?

よく吟味して現実を直視することが求められます。

  • お互いに相手に言えない秘密や隠し事を持っている
  • お互いの価値観を尊重できない
  • お互いに相手の幸せに関して無関心
  • 必要なときに必要な話し合いができない
  • 本音や本心を打ち明けられない
  • 相手の対して不満を持っているが、それを我慢している

こうしたことがあると二人の間に壁ができて、心と心が通い合わなくなります。

関係を終わらせることには痛みが伴います。

誰しも痛みは経験したくないことではありますが、成長していくためには必要なことでもあります。

この痛みを受け止めて、自分の感情としっかりと向き合える人だけが次のステージへと進んでいくことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら