アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

20歳の頃、留学先のアメリカの大学の語学学校で、タイ人の同級生からこういう質問を受けました。

「Jealousy(ジェラシー)と Envy(エンヴィー)はどう違うの?」

英語の単語を習得していく上では、類似語の持つ微妙な波動やニュアンスの違いをしっかりと把握して、適切に使い分けることができるようになることが必要です。

Jealousy は「嫉妬」、Envy は「羨望」と訳されます。

この二つのエネルギーは似ているようで、明らかに違いますよね。

「羨望」はある意味前向きでサラっとしたエネルギーですが、嫉妬は重苦しく痛みを伴うエネルギーです。

「羨望」は純粋な願望を示すエネルギーですが、「嫉妬」は痛み、恨み、怒り、などが混ざり合ったなんとも重苦しいエネルギーなのです。


私の太陽星座は12星座の中で一番嫉妬深いと言われる蠍座です(笑)。

若いころはそれはそれは、嫉妬のエネルギーには苦しめられたものでした。

自分の彼氏の昔の彼女から女友達から、とにかく手あたり次第に嫉妬せずにはいられない人でしたし、挙句の果てには彼氏が飼っていた猫にまで嫉妬していました。

なので、浮気したりする男は、付き合う相手としては論外でした。

そんな私でしたから、人生のある時点で「嫉妬のエネルギーをやり切った感」はあったと思います。

嫉妬とは裏を返せば、自信のなさ、自己価値感の低さ、劣等感、愛されないのではないかという不安が根底にあります。

相手の女性の存在によって自分のこの部分がいたく刺激されるので、居てもたってもいられなくなります。

嫉妬をして良いことなど何もないとわかっていつつも、やめられません。

克服する方法はただ一つ、自分の中の弱さとガチで向き合うことです。

自分の中のどんな痛みが刺激されているのか、なぜありのままの自分では愛されないと感じているのか、なぜ自分に自信が持てないのか。

私は数年かけてこうした自分の痛みの部分と向き合ってきました。

その都度インナーチャイルドを癒し、解放し、統合し、本当の意味での自尊心と自信を育むべく、自分から行動していきました。

決して平坦な道ではありませんし、今でも時々嫉妬心が湧き上がることはあります。

あーまたインナーチャイルドが泣いているなぁ、と、ただ受け止めるだけです。

ありのままの自分では愛されないという思い込みは幻影です。

自分自身がしっかりと自分を見ることで、この幻影は消滅します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら