アセンション専科 ~人生は素晴らしい旅路 ~

menu

Heal Spirit

2012年12月21日に私が何をしていたか そして今

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2012年12月21日は、アセンション関係者の中では相当大きく記憶に残っている日だと思います。

今、これほどガチでアセンションに取り組み、まさに「アセンション専科」みたいなサイトをやっている私は、自分がアセンション当事者であるという自覚はゼロでした。

この日も、まさか自分に関係のあることとは米粒ほども思わず過ごしていました。

何をしていたのかと言えば、腕時計を買いに行っていました。

私は若いころより腕時計は持たない人で、ろくなものを持っていた試しがありません。

だけどこの時は、なぜかどうしてもその時計が欲しくてたまらなく、当時請け負った通訳の仕事の報酬すべてをつぎ込んで買ったのでした。

その頃私は、某銀行での仕事を辞めて専業主婦となり、フリーランスで時たま仕事を請け負いながらボランティアをしたり、趣味に没頭したりしていた時期でした。

思えば人生の中で一番充実していた時期かもしれません。

これからも人生は安泰で、つつがなく続いていくのだと信じて疑っていませんでした。

そんな感じでしたから、まさかそれから6年後に自分が「アセンション・コーチ」なるものになっているなどとは、まったく予測だにしていなかったのです。

私が割とハッキリと自分がアセンション当事者ではないのかと自覚し始めたのは、2015年のことです。

その頃には、状況は相当おかしなことになっていました。

「これはただ事ではない」

それが当時直感的に感じていたことです。

それから、情報を漁ったり、相談を受け付けている人たちに相談をしたりし始めました。

アセンション関係の相談を受け付ける方たちはいらっしゃいました。

藁をもつかむ思いでそうしたサービスを利用したものですが、

  • それはあなたが繰り返しているパターンかもしれません
  • これからは個性全開で生きていくんですよ
  • 「私の経験はこうでした」

など思わせぶりで曖昧なことを言われて終わりか、ご本人の経験を聞かされるだけで一向に参考にはならず、

一体何にどんな風に取り組めばよいのだ?!

という部分についての教示や指導が一切なく、ただ不満が募っていくだけでした。

癒しと統合が必要なことだけはわかった。

だけどその具体的なやり方や、「統合とは一体なんぞや?」ということをしっかりと説明したり、実演して見せてくれる人はいなかったのでした。

中には過去生のリーディングをされる方もいらっしゃいましたし、色々な能力を使う方もいらっしゃいました。

「へーそうなんだ」

と思いはしたものの、それが私のアセンションのプロセスを助けたり、何かの役に立ったということはありませんでした。

アセンションのプロセスの内容を熟知していて、具体的に何にどんな風に取り組んだらいいのか教えてくれる人さえいたら・・・こんなに遠回りをしなくても済んだかもしれない。

そういう思いは私の中に常にありました。

今の日本の現状は、心理の分野とスピリチュアルは分離していて、融合していません。

それに加えて、感情的・心理的な症状がアセンション症状である可能性を考慮できるカウンセラーはほとんどいません。

すべての症状が過去のトラウマに起因するとは限りませんし、ヴォイドの内容や意識のシフトの際に通過するなんとも心地悪い心理的・感情的な次元があることを、身をもって体験しているカウンセラーでなければ、適切な助言はできないと思うのです。

それで、そういう人がいないのなら自分がそれになるしかないということで、去年の後半から方向をシフトしてきました。

SAPでは、

  • 心理学視点
  • スピリチュアル視点
  • アセンション視点

この3つから人生の問題にアプローチし、根本要因を特定してそれを癒したり、解消したりすることで、繰り返しているパターンやカルマを浄化し、自分の望み通りの人生が生きられるようになる指導をしています。

SAPがやっていることは、まだまだ一般的には認知されておらず、ごく一部の方にしかアピールしないと思いますが、私はそれで本望です。

私は、地球のアセンションのサポートをするためにここへ来ました。

長い間記憶喪失にかかっていたために、忘れていただけなのです。

今ようやくそれに着手することができて、本当に嬉しいです。

SAPと通常の通話セッションとの違いは、SAPではクライアントと私の間に強いエネルギー的な繋がりができるために、シナジー効果が生まれるということです。

私自身が大きな意識上のシフトを経験すれば、その効果はクライアントにも波及します。

今までの統計上、

「自分はアセンションとは関係ない」

と思っていらっしゃる方が、ある日突然アセンション地獄の中へ放り込まれるケースが多く見受けられます。

なので、今は関係ないと思っていらっしゃる方でも、実は当事者ということはかなりあると思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

プロフィール

こんにちは!ソウル・ヒーリングをテーマにしているアセンション・コーチです。1973年長野県生まれ。人生の半分以上を海外で過ごしました。詳細はプロフィールをご覧ください。

     2018年5月バリ島にて

ソウル・アライメント・プログラム(SAP)

大きな変化の時代に私たちはどう生きるか、自分らしく生きるための 10週間プログラム

ショップ

境界線セッション

☆ つい相手に合わせてしまうあなたがしっかりと自分と相手を守れるようになるために ★

PCP パートナーシップ・コーチング・プログラム

♡ パートナーシップを通して魂を癒して解放する

通話セッション

アセンション関係のご相談や各種ワークのサポートは通話セッションでお受けします♡

アセンション症状2019年版

アセンション症状をまとめたE-Bookが完成しました。ダウンロードはこちら

アーカイブ

カテゴリー

紀行文を綴った裏サイト Blissful Moment はこちら